質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

Autoでメッシュを作るとき


オブジェクトを複数選択しAutoでアートメッシュを作ったとき、一部のオブジェクトが消えます。
PSDを読み直して差し替えすれば戻るときもありますが戻らないこともあります。
手順は、
①Ctrl+aでオブジェクトを選択
②AUTOからプリセットの変形度合い大を使ってアートメッシュを作成
です。
何も変な操作をしていないと思います。
原因がわからず大変困っています。
なにとぞよろしくお願いします。

コメント

  • 【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】:Cubism Editor 3.2.00
    【ご利用のPC環境】:Windows10
    【グラフィックボード】:GeForce GT640
    【メモリ】:16GB
    【原画を制作したソフトウェア】:PHOTOSHOP、SAI

    最初にAutoでメッシュを作るとき以外にもたまに起きます。
    不透明度100%、表示非表示を確認してもちゃんと表示(パーツやデフォーマウィンドウの目玉みたいなマークがついている)になっています。どうすれば復帰させることができるのか教えてください。
  • ユーザー個人の見解で失礼しますが、そちらの問題、一年ほど前から使用をはじめ現在も度々起る不具合だと認識しています。
    スクショのようにAutoでメッシュ割を細かく設定した時に多発しますので、メモリ容量やグラフィックボードの問題かなと思いますが。
    似たような症状が度々コミュニティでも報告されていますので、おそらく現在も開発対応中な問題なのではないかと思います。

    解決策としてはマニュアルのこちらが参考になるのではないでしょうか↓
    http://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/psd-link/

    マニュアルではエラーログを頼りに~と書いてありますが、実際このエラーが出ていても出ていなくてもこの手順が基本的にリカバリ方法として有効だと思います。

    我流ですが私の場合、まず消えたオブジェクトにAutoでかけたメッシュを一度消し、手動でオブジェクトがあった大体の位置を囲うように大雑把に粗いメッシュを割り、確定します。その後マニュアルどおりの「選択オブジェクトの入力画像として設定」を行い、画像が表示されたのを確認したら念の為そのオブジェクトだけは手動でメッシュを綺麗に割り直すといったことをしています。
    正攻法ではない(というか不具合なのでどうしようもないんですが)ので、ご参考までに。。。
  • バグでしたか。
    Live2dをやり始めて日が浅くバグなのか仕様なのかわからないことが多いです。

    メッシュを作り直してしまうと親ワープデフォーマが与える動きが微妙に変わるので、パラメータを作るなどの作業を進めてからこれになるとPSDの差し替えで復帰できない場合、大変な時間ロスになります。
    早く改善することを望みます。
  • edited 06/29
    @nobuhirokakuta

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフのSevenAでございます。

    このたびはCubism Editor 3においてメッシュの自動生成時、オブジェクトが消えてしまう不具合により
    多大なご不便をおかけしており誠に申し訳ございません。

    以下、内容をまとめましたので確認いただければと思います。


    【不具合の発生について】
    以下の手順を踏むと発生するケースが多いです。

    psdを読み込む
     ⇒全てのアートメッシュを選択
      ⇒メッシュの自動生成→プリセットの動き(大)を実行
       ⇒一部オブジェクトが消える

    同じPSDでも発生する場合としない場合があり、ユーザーさんの環境によってもバラつきがあるようです。

    全てのアートメッシュを選択後にプリセットの動き(大)にして「メッシュの自動生成」を行うと、
    処理付加の影響でどうしても不具合が起こりやすいので、プリセットの動き(小)で生成するか
    個別に設定すると正常に動作しやすいです。


    【不具合発生時のリカバリ方法について】
    @acha0002 さんのおっしゃる方法でもリカバリが可能です。
    更に、以下の手順でもリカバリできますので、お試しいただければと思います。

    パーツパレットから消えてしまったオブジェクトを選択
     ⇒プロジェクトパレットの「モデル用画像」から対象のオブジェクトを選択
      ⇒右クリックメニューから「アートメッシュを生成」を選択
       ⇒アートメッシュが初期状態で再構築される



    アートメッシュの形状が変化してしまうことに関しては、現状リカバリはできない状況です。
    大変申し訳ございません…。


    【今後の対応について】
    本件につきましては現在修正対応を行っておりますが、今しばらくお時間をいただく形になりそうです…。

    「不具合の発生について」の部分にも記載しましたが、不具合の回避策に関してマニュアルでも
    フォローしていきたいと考えております。


    以上になりますが、不明な点などございましたらご連絡いただければ幸いに存じます。
  • @acha0002

    リカバリ方法のご紹介、どうもありがとうございました。
    不具合の対応、早急に進めて参ります。
    acha0002
Sign In or Register to comment.