質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

オブジェクトに対応付けされたパラメータを後から解除する方法はありますか?

すでに似た質問があったのですが、それでは解決できなかったので質問します。

公式の基本チュートリアルを見ながら作業していたのですが、「3.表情をつけよう」の
まつげにパラメータをつける段階で、誤って目玉のオブジェクトも対応付けされていたようで
その後それに気づかず進めてしまい、目玉オブジェクトの対応付け可能なパラメータ数の上限に引っかかってしまいました。
この誤って付けてしまった目玉のオブジェクトの対応付けだけを解除する方法はないでしょうか。

コメント

  • 自己解決しました。
    マニュアルにきちんと記載されていました…

    オブジェクトを選択してからパラメータのキー削除で対応付けまで解除されました。
    お騒がせいたしました。
Sign In or Register to comment.