質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

テクスチャサイズが4096pxの場合の物理演算の方法について

テクスチャサイズが4096×4096だとLive2D Viewerで開くことができませんよね?
この場合物理演算はどのように設定したらよいのでしょうか。
他のディスカッションでテクスチャサイズを2048×2048にすればいいというのを見ましたが
元絵のサイズを縮小せずに、元のサイズ元の画質のまま運用したいです。
もし方法や解決方法があれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

コメント

  • やすぽん 様


    ご質問誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフのenokoでございます。

    この度はご不便をおかけしており誠に申し訳ありません。
    Cubism2.1のViewerについてご質問かと思いますので、そちらのケースとしてご説明いたします。
    2.1では2048のテクスチャしか認識できませんので、そのままの解像度を維持したい場合は以下の手順が必要です。

    1.新しく2048のテクスチャを増やす
    2.テクスチャの再配置で新しいテクスチャに移動させる

    今後ともお引き立ての程、何卒宜しくお願い申し上げます。
  • edited 09/12
    テクスチャサイズを2048×2048で作った、同じパラメータ構成の物理演算ファイルは
    4096×4096でそのまま使えます、
    つまり、同じパラメータID名の構成で同じような動きで作っているなら
    コピーして別のモデル名にファイル名を変えればそのまま使えます
Sign In or Register to comment.