ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
 
Live2D作品のコンペティション「Live2D Creative Awards 2017」作品募集中!

賞金総額50万円!液晶タブレット、CLIP STUDIO PAINT、CG WORLD年間購読などの副賞も!

詳しい募集要項はこちら↓↓

http://www.live2d.com/ja/award2017
 

Facerigで髪や胸が揺れる動き、物理演算

Facerigにて顔が動くと、髪がゆらゆら揺れたり、胸が揺れるモデルがあります
それらはLive2D Viewer を使って作った物理演算ファイルがあるので揺れ動作をします

物理演算と名前は難しいですがサンプルをそのまま使ったり少し設定するだけできます

コメント

  • 作り方
    Live2Dでの作業
    もっとも揺れた時の状態を作り設定します

    Live2D Viewerでの作業
    どこが動いたらどこが揺れるかを選んで数値を設定して
    ファイルを書き出します

    Facerig用の作業
    出来たファイルにキャラ名をつけて一緒のフォルダに入れるだけ
     キャラ名.physics.json
  • 胸揺れ作り

    Facerigのフォルダにあるキャラのmocファイルを
    Live2D Viewer を使って開いてどのような胸変形にするのか
    調べ参考にしましょう

    元の絵をどうするか考え作ります
    胸の部分をそのまま使う(小さい胸)、別途、胸の画像を作る(大きい胸)


    Live2Dでの作業
    新たなパラメータを作ります
    胸揺れX PARAM_BUST_X -30 ~ 30  0  +で画面右へ
    胸揺れY PARAM_BUST_Y -30 ~ 30  0  +で上に

    左右の胸を囲うように胸揺れ用デフォーマをX、Y、作ります
    体パーツの子に設定して、胸部分テクスチャを子にします

    胸揺れXパラメータとデフォーマXを関連させ、Yも関連
    胸の動きをデフォーマ変形で作ります
  • Live2D Viewerでの作業

    Facerigのフォルダにある参考キャラのmocファイルと
    物理演算用ファイル physics.json を入れます
    どのパラメータをどの位の数値で使っているかをメモします

    自分のキャラを入れて元からある物理演算サンプルを入れ
    メモした胸揺れを追加します

    元からある物理演算サンプルは髪揺れしかありません
    胸揺れや、ツインテ揺れは自分で追加が必要です

    顔が動くと揺れる、体が動くと揺れるのはよくありますが
    目や口が動くと揺れるなどしてみるのも、
    おもしろいかもしれません、

    Viewerで動かしてみていい感じで出来たら
    ファイルを出力し、キャラ名.physics.jsonと名前つければ完成
Sign In or Register to comment.