ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
 
Live2D作品のコンペティション「Live2D Creative Awards 2017」作品募集中!

賞金総額50万円!液晶タブレット、CLIP STUDIO PAINT、CG WORLD年間購読などの副賞も!

詳しい募集要項はこちら↓↓

http://www.live2d.com/ja/award2017
 

UtlDebug メモリリーク検出について

DirectXのSDKにてメモリリークが起こっているか確認していたところで気付いた点がありました

SDK内部で恐らく動的確保した時にカウントを取り、開放した時点でそのカウントを減らしてリークを検出しているのでしょうか?
時折、local malloc count : remainingとallocator malloc count : remainingが-1になります

これはモーションを複数読み込んでいた時に気がつきました
MotionQueueManager::startMotionの2つ目の引数autoDeleteをtrueにし、
プログラム終了に全てのモーションデータをDrectX側でdeleteすると必ずこうなってしまうみたいです
autoDeleteをfalseにすると上記の2つのカウントは0になります

-1の時もメモリリークが起きているということなのでしょうか?

コメント

Sign In or Register to comment.