ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
【いただいたご質問への返信について】
現在、繁忙期に差し掛かっており、いただいたご質問への回答に遅れが発生しております。ご迷惑をおかけして、まことに申し訳ございません。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

UtlDebug メモリリーク検出について

DirectXのSDKにてメモリリークが起こっているか確認していたところで気付いた点がありました

SDK内部で恐らく動的確保した時にカウントを取り、開放した時点でそのカウントを減らしてリークを検出しているのでしょうか?
時折、local malloc count : remainingとallocator malloc count : remainingが-1になります

これはモーションを複数読み込んでいた時に気がつきました
MotionQueueManager::startMotionの2つ目の引数autoDeleteをtrueにし、
プログラム終了に全てのモーションデータをDrectX側でdeleteすると必ずこうなってしまうみたいです
autoDeleteをfalseにすると上記の2つのカウントは0になります

-1の時もメモリリークが起きているということなのでしょうか?

コメント

Sign In or Register to comment.