ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
 
Live2D作品のコンペティション「Live2D Creative Award 2017」作品募集中!

賞金総額50万円!液晶タブレット、CLIP STUDIO PAI、CG WORLD年間購読などの副賞も!

詳しい募集要項はこちら↓↓

http://www.live2d.com/ja/award2017
 

FaceRig実用モデル

FaceRigはカメラ前で演じるだけで、リアルタイムでキャラが動かせるツールです
イベント会場、生放送、広報動画でアニメのように動くキャラクターを容易に使えます
しかし基本モデルそのままでは問題が多いので実用的に改善する必要があります

FaceRig用Live2D基本モデルの問題点
・挨拶のおじぎが出来ない
・口が縦開閉だけなので「お」や「う」が表現できない
・利用中、棒立ち状態 左右に傾く程度
・正面のみで斜め向きが出来ない、手が動かない
・会話と感情表現の両立が難しい、感情表現が少ない
・のっぺり感、影可動がない
・眉の不安定、不均等


モデルの改善点 
・眉の安定化、左右均等に可動するようにする
・発音語表現 「あいうえお」が出来るようにする
・感情表現が出来るようにする    普段、笑顔、困り、すね、照れ、怒り、泣きなど
・おじき動作が出来るようにする   挨拶は基本で必須
・手の可動が出来るようにする   待機では前で手を組む、挨拶で手を振る、普段のゆる手、マイク持ち
・体の微動を出来るようにする   顔の動きで体もある程度動く
・正面向きと斜め45度向きが出来るようにする  連続である必要はない
・光沢、影を可動するようにする   首下、前髪影、髪の光沢 
・胸揺れなどの揺れ物を増やす
・特別表情、まんが記号  はてな、てへぺろ


改善例
こはるを改善したもの

http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=873697083
改善点 
眉の安定化、発音語表現、感情表現、手の可動改良、体の微動
sevena7a

コメント

  • FaceRig実用モデル作成仕様

    ・眉の安定化、左右均等可動にする
     眉上下パラメータと、しかめパラメータの複合で可動する方式に変える
     左眉上下 PARAM_BROW_L_Y   右眉上下 PARAM_BROW_R_Y  しかめパラメータ PARAM_EYE_FORM

     左右の眉上下パラメータで眉位置の上下移動を担当
     怪訝顔などで左右不均一な眉位置を出す為、あまり大きく動かさなくてよい

     しかめパラメータで眉の変形を担当
     人の眉下げでVの字、眉上げで八の字に角度、変形させる 
     高度版は感情ごとに形状を調整するのもよい

    ・口の発音語表現、感情表現が出来るようにする

    ・おじき動作ように上半身の寄り引きが出来るようにする

    ・手の可動が出来るようにする
     待機状態 - 前で手を組む又は、横にだらり
     挨拶で手を振る - モーションで作成
     マウス操作 - 髪いじり手などに切り替え
     カメラ前での左右移動 - ゆる手上げ
     VキーON - マイク持ち手

    ・体の微動を出来るようにする、顔の動きで体もある程度動くようにする
     利用時、棒立ち状態では変なので、少し微動するようにする

     キャラの左右向け(PARAM_BODY_ANGLE_X)をカメラ前での人の左右移動で動くPARAM_BODY_ANGLE_Zへ移設
     体の回転Y(PARAM_BODY_ANGLE_Y)は、FaceRigでは機能しないので 
     PARAM_ANGLE_Y へ移設し顔の上下で動くようにする
     体の回転Z(PARAM_BODY_ANGLE_Z)は、PARAM_ANGLE_Zへ移設し、顔の傾きで体も傾くようにする

    ・正面向きと斜め45度向きが出来るようにする  連続である必要はない

    ・光沢、影を可動するようにする   
     アニメに近い見栄えにする為、首下影、前髪影、髪の光沢

    ・口変形パラメータ PARAM_MOUTH_FORM を PARAM_BODY_ANGLE_Xへ移設
     マウス操作で動く PARAM_BODY_ANGLE_X は感情選択に使用  -15から15
     -15慌て -12困り -10怒り -5怒り 0普段 5笑顔 10大笑顔 15猫口

     空いたPARAM_MOUTH_FORMをFaceRigでは発音での口幅変化に使用
     0で狭めた状態  0.5普段  1.0広げた状態

    ・照れ PARAM_CHEEK 0 ~ 1 Zキー 照れ、赤面を設定する
  • edited 03/03
    FaceRig実用モデルの種類

    ・Live2D標準改モデルA
     Live2D標準モデルを改造し、マウス操作又はキー押しで感情変化させる方式
     眉の安定化、発音語表現、口感情表現3種、体の微動あり

    ・Live2D標準改モデルB
     手での操作無しで使える眉上下で感情変化させる方式、 眉上げ - にこやか、眉下げ - 怒り
     操作が不要な代わりに感情表現が3種しか出来ない

     モデルA,Bは現在あるLive2D標準モデルを少し改造するだけで出来るのが利点
     お辞儀、向き変え、手の可動は無し 


    ・FaceRig実用モデルC
     おじき動作、手の可動、光沢、影可動、胸揺れ、特別表情、まんが記号
     マウス操作又はキー押しで多種の感情変化が出来る、

    モデルCの例
    http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=855359008

     キー押しで感情変化、左右移動で手上げ、おじき動作可

    ・FaceRig実用モデルD
     モデルCに正面向きと斜め45度向きが出来る機能、着せ替え出来る機能を追加したもの
  • FaceRig実用モデルでほしい機能

    顔や体の傾きで髪が下に垂れる
    瞳の光彩が目(まつ毛)の開閉で移動する、半目でも光彩が常に見える
    口に歯が見える (いの発音などで)
    リップシンクで口がいい感じに動く   
    体を左右に向ける
    笑顔閉じ目ができる
    赤面ができる
    光彩消し、ジト目、瞳縮小ができる
    物理演算で髪、胸や小物が揺れる

    口の開閉で顔の輪郭が動く
    目の開閉でまゆ毛が少し上下する
    前髪の影があり、髪の揺れで一緒に動く
    顔の下首にかかる影が動く
    顔が傾くと首のラインも動く

    瞳の光彩がうるうる動く
    寄り引きができる
    顔の角度に応じた開き口の形状補正がある
    髪の光沢が頭の動きで移動、変形する
  • Live2D標準改モデルA
    概要 : Live2D標準モデルを改造し、マウス操作又はキー押しで感情変化させる方式
          笑顔表情、怒り表情でのクチパクが出来る
          口の感情表現を固定する事で口の形を意識せず 怒り 普段 笑顔が出来る

    利点 : 表情が安定する、パラメータ移設など少ない作業で出来る
    欠点 : 感情変化にマウスやキー操作が必要

    作成 : 
    ・眉の安定化、左右均等可動   眉上下パラメータ、しかめパラメータの複合方式
      左眉上下PARAM_BROW_L_Y 右眉上下PARAM_BROW_R_Y  眉位置の上下移動を担当、大きく動かさなくてよい
      しかめパラメータ PARAM_EYE_FORM 眉の変形を担当 -1でVの字、+1で八の字 

    ・体微動の為のパラメータ移設
      体の回転Y PARAM_BODY_ANGLE_Y を PARAM_ANGLE_Y へ移設し、顔の上下で動くようにする
      体の回転Z PARAM_BODY_ANGLE_Z を PARAM_ANGLE_Z へ移設し、顔の傾きで体も傾くようにする
      体左右向け PARAM_BODY_ANGLE_X をカメラ前の左右移動で動く PARAM_BODY_ANGLE_Z へ移設

    ・感情変化のマウス操作化
      体微動の為のパラメータ移設を終え、PARAM_BODY_ANGLE_Xが空いた状態で
      口変形パラメータ PARAM_MOUTH_FORM を PARAM_BODY_ANGLE_Xへ移設
      マウス操作で動く PARAM_BODY_ANGLE_X を感情選択に使用  -15怒り 0普段 15笑顔

     キー押しで感情変化させる場合
      マウス操作化した後、 PARAM_BODY_ANGLE_X の末尾を _K に名称変更し、感情切り替えモーションを作成する
      PARAM_BODY_ANGLE_X はモーション終了後、前の値に戻る為、別名にする

    ・発音語表現
      感情表現作成を終え、口変形パラメータ PARAM_MOUTH_FORM が空いた状態で
      口パーツの親に口幅を変えるデフォーマを追加し、PARAM_MOUTH_FORM と関連させ
      0で狭めた状態  0.5普段  1.0広げた状態に形状を設定、 「い」の場所で歯を表示する



    Live2D標準改モデルB
    概要 : Live2D標準モデルを改造し、眉上下で感情変化させる方式
          笑顔表情、怒り表情でのクチパクが出来る

    利点 : 手での操作が不要、パラメータ移設など少ない作業で出来る
    欠点 : 3種しか感情変化ができない

    作成 : 感情変化のマウス操作化以外は、モデルAと同じ作業

    ・感情変化の眉操作化
      口変形パラメータ PARAM_MOUTH_FORM を しかめパラメータ PARAM_EYE_FORM へ移設
      眉上下を感情選択に使用  眉下げ -1怒り 0普段  眉上げ 1 笑顔
  • 正面向きと斜め45度向きが出来る機能
    画面の解説、隣のキャラとの会話で斜め45度向きは必須です
    全域可動出来るのが良いですが、作成手間、膨大な口や目の形状補正な点から
    正面、右向き、左向きの3体のモデルを内蔵し、顔の向きで切り替える方式も良さそうです
    モデルCを向きごとに3体別モデルで作ってFaceRig上で切り替える方法も良さそうです


  • FaceRigには別モデルへ、即切り替える機能があります
    背景とキャラがセットになった設定を shift + ctrl + 数字キー にて記録
    ctrl + 数字キー にて呼び出せます

    利用案
    ・向きの異なるモデルへの切り替え
    ・衣装の異なるモデルへの切り替え
    ・手の種類、キー配置が異なるモデルへの切り替え

    問題点 
    ・キャラの初期サイズで呼び出される (初期サイズ指定で利用サイズに調整しておく事で対応可)
    ・背景付きになってしまう  (グリーンバックなどにしておけばよい)

  • 手の可動の例
    通常の待機や会話時 - カメラ前での人の左右移動で、ゆるく握った内向きの手を上げ下げ
               初期位置は、前で手を組む又は、横にだらり

    挨拶で手を振る -  手のひら見せで手を振る モーションでのみ使用、切り替えて表示

    マイク持ち手 - VキーONでマイク持ち手に切り替え 

    マウス操作 - キャラにあった髪いじり手などに切り替えて手の動きをさせる
           マウス操作での手を感情変化パラメータに応じて形状を変える  
           怒りの時はグーに握った手、 普段は 髪さわり手 、笑顔は開いた手  



Sign In or Register to comment.