質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

アバター方式(標準)によるUnityへのLive2D組み込み方法について

ご存知の方がいれば教えてください。

モデルの切り替え方式の検討ページ(http://sites.cybernoids.jp/cubism/sdk_tutorial/live2d_library/load_to_display/model_change)に記載されている「アバター方式(標準)」を使用して、Unityアプリ(iOS, Android)への Live2Dモデルの組み込みを考えています。

ですが、Web上にアバター方式による実装方法に関する情報を見つけることができませんでした。
その情報が掲載されている場所があれば教えて頂きたいです。

それとも、cybernoids の企業ページに「法人として」Cubism 製品に関する問い合わせフォームが用意されているようなので、そこから問い合わせるしか情報を入手する方法が無いのでしょうか?

コメント

  • ひとまず「法人として」問い合わせ投げましたが、もしご存知の方がいらっしゃれば情報お待ちしております。
  • 一応結果を記載しておきます。

    後日見つけましたが、公式ドキュメント「モデルの切り替え方式の検討」
    http://sites.cybernoids.jp/cubism/sdk_tutorial/live2d_library/load_to_display/model_change
    に「* アバターの使用には特別なライセンスが必要です。詳しくはお問い合わせください」とありました。

    また、問い合わせた結果、通常のライセンスとは別の「拡張アプリケーション」開発のためのSDKを使用するための契約(アプリのリリース時)が必要という感じでした。(価格も通常のライセンスより高めの設定)

    結果として、今回の開発案件では予算の関係からアバター機能の使用は見送る方針となりました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。