質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

cubism3.0で作ったモデルにあたり判定をつけたい

度々の質問、申し訳ございません。

haruのモデルと2.0のマニュアルをみて、疑問が出たので、質問をさせてください。
cubism3.0で制作しているので、あたり判定にも2.0の仕様へ変更しないといけない箇所があるなら
変えたいとおもい、こちらで質問させていただきます。



■あたり判定はコアパーツという名前のフォルダーの中に入っていないと正しく機能しないのか

haruのモデルでは、頭のあたり判定を「D_REF.HEAD」としており、
それはコアパーツというフォルダーに格納されていると思います。

このコアパーツフォルダーには「CORE_...」といったようなIDが振られていると思います。

上記のように、当たり判定というのは、

・コアパーツという名前のフォルダー
(IDがCORE....)
┗あたり判定を行う透明なテクスチャー
(IDがD_REF.HEADなど)

というように「必ずコアパーツのフォルダー(IDがCOREなんとか)に入っていないと」
あたり判定は正しく機能しないのでしょうか?

それとも、
コアパーツフォルダーとあたり判定のIDも
階層構造も、自由に決めて良く、
当たり判定の透明なテクスチャーは、コアパーツフォルダー以外に入っていても問題ない。
ということなのでしょうか?

恐れ入りますが、どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ご返答頂けますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

コメント

  • 当たり判定は組み込んだり使用するものによって自由に設定したりできますね

    Live2DViewerでの当たり判定は推奨されている D_REF. 付きが機能する設定


    hatuko_1020
  • edited 10月 2017
    度々のご返信大変助かります。
    ありがとうございます!

    疑心暗鬼に陥っておりましたが、自由につけて良いとのこと安心いたしました。
    ありがとうございます!

    =====

    D_REF.〜〜というIDですが、cubism3では「.(ドット)」が使えないようでした。
    3で作業される方は、お気をつけ頂けますと幸いです。
Sign In or Register to comment.