質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

■psdデータを入れてから

Euclidにpsdデータを入れてから必要な作業の順番がいまいちよくわかりません。
メッシュジェネレータを開いてからやる事、シンメトリやペアの設定はどういった場合にどのように設定するのかがチュートを見てもわかりませんでした。
自動メッシュ割りとシンメトリ/ペアの設定の細かい説明が欲しいです。
メッシュジェネレータとアートメッシュの違いが何なのかも知りたいです。

コメント

  • ご質問ありがとうございます。

    基本操作マニュアルの個別のページについてはご覧頂けましたでしょうか?
    (既に確認済みでしたら申し訳ありません)

    メッシュジェネレータ
    http://docs.live2d.com/euclid-editor-manual/modeling-feature-meshgenerator/
    自動メッシュ割り
    http://docs.live2d.com/euclid-editor-manual/mesheditor-create-mesh-from-texture/
    シンメトリ
    http://docs.live2d.com/euclid-editor-manual/modeling-feature-mirror-artmesh/
    ペア
    http://docs.live2d.com/euclid-editor-manual/maineditor_create-pair-synced-artmesh/


    メッシュジェネレータアートメッシュの違いに関しては、
    『メッシュジェネレータ』は基本的にPSDの各レイヤに対して自動メッシュ割りを行い、「一括」でビューポートに配置することができる機能になります。
    『アートメッシュ』メニューから開かれるメッシュエディタは基本的にPSDのレイヤ「一つ」に対して、メッシュ割りを手作業で行うことができる機能になります。


    ご不明な点がありましたら、お手数お掛けしますが、
    再度ご質問頂けますでしょうか?
  • マニュアルは全て確認しました。
    そのマニュアル内の説明の仕方が初心者向けじゃない部分が多く感じて、実際分からなかったので質問させていただきました。
    全体の詳しい用語集みたいなのが欲しいとも思いました… :(
    メッシュを手作業でやる場合のコツとかも教えてほしいです。

  • ご質問ありがとうございます。

    マニュアルをご確認頂いた上で分かりづらいとのことで、申し訳ございません。

    はじめての方でも分かりやすいように内容へ改善に努めてまいります。
    おっしゃる通り、エディタで使われる独自の用語も多いので、
    用語の解説がまとまったページがあると分かりやすいですね。
    こちらも要望として承ります。

  • PSDをインポートしてからの流れについて改めて説明させて頂きます。

    PSDをインポートして次に行う作業は、アートメッシュを作成することです。

    アートメッシュを作成する方法は、2つあります。
    [作成]メニュー→[アートメッシュ]をクリックし、『メッシュエディタ』から1つ1つ作成する方法と、
    [作成]メニュー→[メッシュジェネレータ]をクリックし、 『メッシュジェネレータ』から一括で作成する方法です。

    たくさんあるPSDのレイヤーから1つ1つ作成するのは大変なので、
    メッシュジェネレータから一括で作成する方法がオススメです。

  • ■メッシュジェネレータについて

    メッシュジェネレータでペア/シンメトリ設定を利用するには、
    PSDレイヤーの絵(テクスチャ)を左右対称で作成してあることが前提となります。

    まず、メッシュジェネレータで行う流れを簡単に述べると

    (1) 「ペア/シンメトリ設定」画面で、テクスチャにペア・シンメトリ設定をする
    (2) 「自動メッシュ割り」画面に移り、作成したいテクスチャを選択する
    (3) [メッシュを更新]ボタンをクリックすると、(1)の設定をもとにメッシュ割りが自動で行われる
       * ペアに設定された組のテクスチャは同じメッシュが左右対称にそれぞれ作成される
       * シンメトリ設定されたテクスチャは左右対称なメッシュが作成される
    (4) [OK]ボタンをクリックすればキャンバスにアートメッシュが作成される

    となります。

    おそらく、(1)でどれに何の設定をすればいいのか分からない、というのが、
    分かりづらいポイントなのかと思います。

    どのテクスチャにペアやシンメトリの設定をするかというのは、
    PSDで絵を描き、素材わけするときに予め想定しておく必要があります。

    たとえば、「顔の輪郭は左右対称に描くのでシンメトリ設定をしよう」、
    「眉毛は左右に同じ形で2つあるので、この組はペア設定をしよう」といった具合です。
    こういう想定で素材分けをしてテクスチャを作成していただき、
    その想定に合わせて、メッシュジェネレータの最初の工程でペア/シンメトリ設定を行います。

    PSDのレイヤー名を利用してペア/シンメトリ設定を自動で行う機能があるので、
    素材分けをしながら、ペア/シンメトリをレイヤー名に書き込んで置くと設定をスムーズに進めることができます。

    もしも左右対称のテクスチャがない場合は、(1)の設定を飛ばして頂いて構いません。
    そのまま「自動メッシュ割り」画面に移り、必要なテクスチャを選択して自動メッシュ割りを行い、
    [OK]ボタンでアートメッシュを作成します。

  • ■メッシュ割りのコツについて

    メッシュ割りを手作業で行うコツとしましては、
    「テクスチャの輪郭線状に頂点を打ち、それの外側と内側を挟むように頂点を配置する」のがオススメです。

    制作作業では、「ベンドパス」を使ってアートメッシュを変形させることが多くなりますが、
    アートメッシュの外周をベンドパスで囲って変形させる使い方を特によく行います。
    上記のようなメッシュ割りをすると外周を囲うときに頂点上にベンドパスを配置することになり、
    メッシュがパスに追従したときに形を保ちやすくなります。

    どんなメッシュ割りをするかは、どんなベンドパスを配置して変形させたいかによるとも言えます。

    ↓ページの『1. 準備』の『メッシュを修正』の項目に同様の内容があります。
    http://docs.live2d.com/euclid-editor-manual/work-flow/

    自動メッシュ割りでできあがるメッシュはこれと同じことを想定しており、
    外周には、境界線上、外側、内側に頂点が打たれます。
    ただ、自動なのでどうしても、必要なところに頂点が無かったりとうまくいかないことが起きます。
    はじめは自動で作成して、それを手動で手直しする手順にすると作業量が減って良いかと思います。

    メッシュを細かくすればするほど、ベンドパスの動きにあわせて柔らかく曲がってくれますが、
    メッシュが多い=頂点が多くなり、頂点を直接動かす編集を行いづらくなり、
    組み込み時のパフォーマンスにも不利になります。

    どんなメッシュが最適なのかはアートメッシュの用途やテクスチャによってまちまちで、
    しかも人それぞれな部分があるので一概に言えませんが、
    サンプルモデルでのメッシュ割りが一定の参考になります。
    どのパーツはどんな変形をしてどんなメッシュ割りになっているかに注目して見て頂ければと思います。
  • 解答ありがとうございます。
    挙げてもらった内容を見ながらもう少しチャレンジしてみようと思います。
    また分からない事があったらこのスレで再度質問させていただくかもです。
    その時はまたお願いします :)
Sign In or Register to comment.