質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

FaceRigの仕様 状況

2018/1/29現在の仕様

マルチアバターでLive2Dキャラを複数表示し、
複数人でのカメラ認識で別操作が出来るようになりました

FaceRigの録画機能にて、ZXCVキーが記録されない、再生されないバグ(仕様?)があります

パーツ切り替え方式での、パラメータ点を付けない事で表示消す方式が使えなくなってます
点を付けない所になると表示が消えず残り、親子関係での移動から外れ固定状態となります
パラメータ全体に点を付け、不透明度0%にて対応すると良いです

手の先用パラメータ、PARAM_HAND_L 、 PARAM_HAND_R は
相変わらず妙な挙動のままです

眉角度 PARAM_BROW_L_ANGLE 、 PARAM_BROW_R_ANGLE は
相変わらず -1~1 指定でも -0.6から0.6までしか動きません

コメント

  • 2018/3/6 更新   FaceRig仕様説明文が1.3に更新

    Cubism Editor 3版のファイル形式(moc3)に対応
    新パラメータID名(小文字混在)を自動判別で使えるようになった(ANGLE_X、Y、Zを見て判別)
    新旧混在での可動はしないと思われるので、新旧どちらかに統一すると良い

    新物理演算(physics3.json)も使えるようです

    使えるパラメータは増えてないので出来る事に変化なし
  • edited 03/07
    2018/03/07 現在
    Cubism Editor 3版のファイル形式(moc3)に対応となりましたが
    moc3は、まだ使用しないのが良い状態です

    ・アップロードした場合、アバター選択が3Dモデルの方に入ってしまう&エラー表示が出て表示されない
    ・標準アバターの所に入れるとキャラ表示されるが大きさや位置うまく指定出来ない
    ・キャラ位置は変えられるが大きさが変えられない
    ・従来通りクリッピングは機能しているが加算乗算との併用で表示が変になる
    ・Z~Vのキーが設定しても効かない、手が動かない
  • 2018/03/09
    Cubism Editor 3版のファイル形式(moc3)使用でのアバター選択、位置問題が直りました
    パラメータの動き、物理演算も正常に機能してます

    ファイル構成と設定書式が不明なので全機能使用が難状態
  • いつの更新で追加されのか不明ですが、新たなパラメータがありました

    舌出し PARAM_TONGUE 0から1 基本 0 
    A,S,Dのどれかを押している間だけ1へ変化、離すと戻る

    関係パラメータがあるか調べましたが無いようです
    舌動かしX PARAM_TONGUE_X なし
    舌動かしY PARAM_TONGUE_Y なし
    舌動かしL PARAM_TONGUE_L なし
    舌動かしR PARAM_TONGUE_R なし
    舌出し PARAM_TONGUE_OUT なし
  • 2018/06/01
    Cubism Editor 3版のファイル形式(moc3)使用での問題
    ・アバター選択での巨大化、位置問題が現在も有り
     moc3形式特有のFaceRig内部数値管理にバグがあるようです

      アバター選択で巨大表示(内部数値によってならない場合もある)、
      選択閉じるとcfg記述のサイズなる

      位置問題、内部数値によって位置が飛ぶ(消えたように見える)
      アバター選択では位置が戻るが、選択閉じると内部数値の位置へ飛ぶ(消えたように見える)
      複数アバター使用時に、位置など変えると内部数値が変更されるようです
      内部数値は記録されFaceRig再起動でも保持されるようです

    ・ファイル構成と設定書式は判明しましたが、いつ変更されるか不明


    FaceRigがパラメータID名、新旧両方に対応ですが
    普通はFaceRigが新旧両方のパラメータID名に対応したと聞くと、混在可能だと考えますが、
    FaceRigの対応は特殊で、どちらか片方の形式しか動かないのです

    moc形式(2.1版) PARAM_ANGLE_X の中では ParamEyeLOpen は動かない

    moc3形式(3版) ParamAngleX の中では PARAM_EYE_L_OPEN は動かない 
  • 2018/06/22
    Cubism Editor 3版のファイル形式(moc3)使用での問題

    ・アバター選択での巨大化、表示位置移動問題
     moc3形式での新たな仕様なようです
     アバター選択画面での巨大表示はcfgファイルにて指定の座標とサイズにする
     初期表示位置とサイズは、利用者が自分で設定する仕様なようです

     使い方は、調整したいmoc3モデルを呼び出し表示し、位置、大きさを調整する
     FaceRigを終了させると位置、大きさが各moc3モデルごとに記録される

     mocモデルの場合は従来通り、cfgファイルにて呼び出し時の位置、大きさを指定


    ・複数アバター表示で表示が消えないバグ
     moc3形式モデルの場合だけ、アイコンを上にして表示を消すをしても消えないバグがある


    ・複数アバター表示でのキャラ選択で位置、大きさが飛ぶバグ
     Live2Dキャラの場合に発生、右下アイコンをクリックし選択すると、
     前に選択されていたモデルの位置、サイズにクリックしたモデルもなってしまう
Sign In or Register to comment.