ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
 
いつもLive2Dコミュニティをご活用いただきありがとうございます。

不具合のお問い合わせの際は迅速な対応にするため、
お問い合わせ内容に加えて下記の情報を明記してくださいますようお願い申し上げます。

・問題が発生したアプリケーション名とバージョン(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・ご利用のPC環境(例:Windows10、macOS HighSierra など)
・グラフィックボード(例:GeForce GTX 950M など)
・メモリ(例:8GB)
 

Cubism Editor 3でのFaceRigモデル作成注意点

Cubism Editor 3 では初期パラメータIDが異なる為、新規作成した場合、
FaceRigでは動きません、また新機能グルーも反映されません

・パラメータIDを2.1版の大文字方式にする為、2.1でPSD入力してから3.0で作業すると良い
・グルーなど新機能は使わない

コメント

  • Cubism Editor 3のバージョンアップで モデルのIDを変換 機能がつきました
    どの作業段階でもパラメータIDの変換を完全に行えるようになりました
    sevena7a
  • Cubism Editor 3のバージョンアップで2.1用mtn書き出しが追加されました

    「組込み用ファイル書き出し」の中「モーションファイル書き出し」 
    「2.1形式として書き出し」チェックにてFaceRigで動きました
    記述がベタ書き出しになり見難く扱いにくくなってます

    位置、拡大など全検証をどなたかよろしくです
  • Cubism Editor 3のバージョンアップで第1弾の物理演算が追加されました
    2017/8/19現在の状態では新方式出力しかなく、physics3.json はFaceRigでは使えません
    名前を変えて入れてみた所、FaceRigがエラー落ちしました

    物理演算は従来通りLive2D2.1ビュアーでの作成がいいようです
  • Cubism Editor 3でのFaceRigモデル作成注意点まとめ 2017/8月現在

    ・モデル作成時にパラメータIDをLive2D2.1の大文字名に一括変換する 
    ・グルーなど新機能は使えないので作成で使わないようにする
    ・モーションファイルは作れるが3.0で追加されたカーブなどは反映されない
    ・物理演算ファイルは作れないので、2.1のLive2D Viewerで作成する
  • 作成で描画順が同一、並び順頼りの場合だけですが
    3.0作成でFaceRig使用の時、パーツ並び順が逆になり意図しない表示になります

    サンプルのひよりの場合、そのままだと目が表示されずになります
    目玉、白目などの描画順が650の同一で並び順頼りの為です

    描画順同一の並び順頼りは避けて、描画順はしっかり管理しましょう
  • edited 10月 2017
    3.0版での「物理演算設定の書き出し」は使えません

    Cubism Editor3.0版で「組込み用ファイル書き出し」の中の「物理演算設定の書き出し」を行うと
     .physics3.json ファイルが作られます。

    このファイルは2.1版と比べ名前も違いますが中身も違い、リネームしても互換性なく使えません。

    FaceRigに入れると
      .physics3.json だと 名前違いで使われない
      .physics.json にリネームすると FaceRigがエラーで起動しません。

    FaceRig用は2.1版のLive2D Viewerで作成すると良いです。
  • Cubism Editor 3.1 初期パラメータID ParamAngleX
    FaceRigでは動かない

    Cubism Editor 2.1 初期パラメータID PARAM_ANGLE_X
    FaceRigで正常に動く
  • Live2D 3.1版でのFaceRigモデル作成手順

    グルーなど新機能は使わないでモデル作成する、
    クリッピングは使用可
    3.1の物理演算は使えないので旧方式用に揺れを作成する

    パラメータのID名を Cubism Editor 2.1形式の大文字表記
    PARAM_ANGLE_X に変換する

    2.1形式のMOC形式で書き出す
    物理演算ファイルは 旧Viewerで作成する
  • Cubism Editor 3.1での作成注意点

    3.1版はPSDファイルを入れると2.1の時と異なり、全パーツの描画順が500になるようです。

    この為、慣れてないと並び順頼りでそのまま作成してしまい、2.1版形式出力で並びが反転、
    FaceRigで使えない(表の物が裏)状態となります、
    この場合、修正が大変(全パラメータ点での修正)です。

    PSDファイルを入れた後、パラメータ付けする前に全パーツに描画順設定をしましょう
    または、2.1版でPSD入力して3.1版へ取り込みも良いです、労力的にこちらが良いかも
Sign In or Register to comment.