質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

パラメーターの数値について

正面のイラストからモデルを作る場合、パラメーターの数値や角度はどのように決めたら良いのでしょうか?サンプルモデルでは、描画オブジェクトによって-1から+1だったり-30から+30だったりしているようですが、何かルールがあるのでしょうか?
Tagged:

コメント

  • edited 4月 2014
    パラメータの値はユーザーが自由に指定できますが、一般的に以下のようなルールで設定されることが多い印象です:
    • 顔や体の向きなど、オブジェクトの『実際の曲面的な角度』を制御するパラメータには、その角度を想定した値を割り当てます。これは-20から+20や-30から+30だったりします。
    • 目の開閉や曲がり具合など、オブジェクトの『状態』を制御するパラメータには、0から1、あるいは0から1.5を割り当てます。これは『0=完全に閉じた状態』、『1=完全に開いた状態』、あるいは『1.5=過度に開いた状態』としたほうが分かりやすいから、という理由です。
    このようにパラメータの値はユーザーが『分かりやすい』と感じるルールでオブジェクト毎に設定するとよいと思います。
Sign In or Register to comment.