質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

軸の設定をした後の整え方

はじめまして。
現在トライアル版にて、Euclidを触らせていただいております。

前髪を軸の設定をした後に、
Y=90、形を整えようと思うのですが、
90付近でかなり回転します。
この後の調整は頂点の修正になるのでしょうか(大変…)

試しにハルで前髪のキーを削除&軸をはずして、
再設定してみましたが回転します。


完成形のようにきれいに前髪が降りるようにしたいのですが
良い方法がありましたら教えてください。

コメント

  • 返答を頂いておりませんが、追加で質問させてください。

    軸設定後、形を整えようと試みましたが
    キーを打っていない補間のフレームの時に形状が壊れます。



    ■サンプルハルでの手順。
    ・ハルの既に軸設定されていたのを解除。
    ・アートメッシュに、軸の設定を行う。
    ・グローバルキー「X=0、Y=0」でアートメッシュに基底キーを設定。
    ・ローカル?のキーにX、Yのキー2点挿入。
    →画像①

    ・グローバルキー「X=-45」の時の形状を調整したいので
     グローバルキー「X=-45、Y=0」でアートメッシュに一旦キーを設定。
    ・頂点変形させる。画像では、少し膨らみを足しました。
    →画像②

    ・他の角度から見ると壊れる。
    →画像③

    という手順で作ったのですが、間違っていますでしょうか?
    これで作りたかったのは
    「X=45、Y=0」の時に膨らむが、他の角度は元の形状に収束する、です。
    (元の形状で2点挿入しているので、そこに向かって徐々に膨らみが減る、と思いました)

    何度も申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
  • ちよこ 様:

    >>完成形のようにきれいに前髪が降りるようにしたいのですが
    >>良い方法がありましたら教えてください。

    サンプルハルでは
    Y=90 での髪のメッシュ形状を円形になるようにすることで、
    きれいに前髪が降りるように作成しております。
    詳細に関しては、下記のマニュアルをご参考ください。
    http://docs.live2d.com/euclid-editor-manual/tutorial-axis-ex-drop/


  • >>軸設定後、形を整えようと試みましたが
    >>キーを打っていない補間のフレームの時に形状が壊れます。

    補間時に意図しない形で形状が壊れてしまう場合は以下の原因が考えられます。

    ①補間に悪影響を与えるキーフォームが登録されている。
    サンプルハルでは楕円補間を用いているため、補間中の形状の隣接する二つのキーだけでなく、
    そこから二つ先のキーを用いて補間を行っております。

    そのため、元の形状から反転していたりする形状がキーフォームとして登録されていると
    画像③のように捻じれる場合があります。


    ②狭い範囲でキーが連続して打たれている。
    楕円補間ではごく狭い範囲でキーが打たれている状態で変形したキーフォームを登録すると補間形状が崩れる場合があります。




  • ・Y=90を円状にすることで前髪が降りる
    ・ねじれの解消
    が確認できました。

    有難うございます!
    楕円補間の仕組みを理解できました。


    続けてで申し訳ありませんが
    軸設定につきまして質問させてください。

    サンプルハルのデータの
    前髪の軸が、3Dポイントに有るものと一致しないのですが
    軸設定を行ってから軸座標の変更をしているのでしょうか?

    マニュアルの作例:しずくを見ると
    物理点から軸設定をしたら完了のように思えましたので…
    座標を変更する理由があれば教えて頂けますでしょうか。


    例)
    ・アートメッシュ「前髪 右A 2」
     を選択したときに表示される軸は髪の毛の中央を通っています。
    ・3Dポイントの
    (軸用)前髪まとめ
    「POINT_204」が似てはいますが一致する軸が見つかりません。

    よろしくお願いいたします。
  • 物理点(3Dポイント)は基本的に物理演算機能を使用するために作成されるものとなっております。
    サンプルハルでは、一度、物理点を作成したあとに、
    アニメーション作成時に、物理演算の調整のため物理点の位置の再調整を行ったため、
    軸と物理点でずれているものがあります。

    また、物理点からの軸設定機能はアートメッシュに対して軸を設定するための便利機能の一つとしてあるものなので、
    軸と完全に一致した物理点が存在している必要はありません。

  • サンプルハルの状態につきまして納得できました。
    また、通常機能の軸修正も操作確認できました。
    ご返答有難うございます。
Sign In or Register to comment.