質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

手だけのモデル

FaceRigでのLive2Dで自在に手を動かすのは難しく、
キーでの切り替えも可能ですが作成が大変な状態

そこで手だけを1つのキャラモデルとして作成し
FaceRigの複数表示を利用して切り替え表示させる方式が有効です
FaceRigにはモデルを登録し呼び出せる機能があり10個記録出来ます
複数表示は5体まで可能で、最大13種の手に切り替えが可能です



作成のアイデア
通常モデルと同じデフォーマ構成で作成し、呼吸や体向き可動で手の位置も微動する
マウスクリックで可動させる手法、マウス移動なしでも動くと使いやすい
パラメータ0の点を境に少し異なる動きをつける手法、一定の同じ動き問題を改善
片手タイプでは2つの操作も可能、手の回転と指の可動 など

種類のアイデア
挨拶でのバイバイの手、両手を振る手、案内する手、
普段のゆるく握った手、拝んだ手、拍手する手
口を隠す手、怒っている時の手
マイクを持った手、ゲームパッドを持った手
天使の羽、悪魔の羽、尻尾

コメント

Sign In or Register to comment.