質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

グルー機能のメッシュ編集作業

グルー機能がいまいちうまく使えないのです…
添付画像の様に元の頂点を消してから追加した頂点に対して、自動接続を押しても赤と緑のメッシュの頂点から線が伸びないです。
具体的にはどこの作りが悪いのでしょうか?
後、チュートリアルに載っている「吸着させたい頂点を選択し」というのは追加した部分の頂点を選択するという解釈で合っているのでしょうか?


Tagged:

コメント

  • パーツを複数選択しメッシュ作成、自動接続を行いたい場合は、上で作っております長方形のメッシュをそれぞれ緑線のパーツ、赤線のパーツがその長方形メッシュを含めクローズするように接続する必要があるのかと思います。
    マニュアルに載っている画像を見ると切り離された状態でも自動接続ができてるようなのですが、私はグルー機能作成をしていてこの作り方をしたことがなく再現もできないため、こちらに関しては不明です…。

    要は2点のパーツそれぞれグルーをつけたい部分に同じメッシュ形状を作れば良いということなので、(マニュアルどおりのスマートさでいけるかはともかくとして)作りようは様々かと思います。

    >チュートリアルに載っている「吸着させたい頂点を選択し」というのは追加した部分の頂点を選択するという解釈で合っているのでしょうか?
    グルー機能をその同形状になるように双方追加した部分のみに適用させるということであればその解釈で問題ないと思います。
  • acha0002 さん、ありがとうございます。
    やっぱり接続はマニュアルみたいにうまくはいかないんですね…
  • 信号機様

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフの虹子でございます。

    頂点の接続に関しましては一点ご確認いただきたい点がございます。
    自動接続の設定内[エッジの外周を保つ]にチェックが入っている場合は周りのメッシュと接続されない場合がございます。
    詳細につきましては下記のマニュアル内の『メッシュの手動編集』の項目をご参照ください。
    http://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/mesh-edit/

    グルーの適用につきましては、追加した頂点でなくとも二点の異なるアートメッシュを選択した状態で頂点を選択することでグルーを適用することは可能でございます。
    しかし、重なった頂点を選択した状態でグルーを適用した方が調整を行いやすいという利点がございますので、まずはこちらをお試しいただければ幸いに存じます。

    ご不明な点がございましたらお知らせください。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 虹子さんご返答ありがとうございます。
    [エッジの外周を保つ]の機能の事をすっかり見落としていました。
    もう少し試してみようと思います。
Sign In or Register to comment.