質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。
また、お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合
・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください
---------------------------
▼SDKに関するご質問の場合
・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

FacerigでQからYキーでのモーションの再生が違うものに入れ替わる

9月 2018 編集されました Facerig+Live2D Module
・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】Cubism Editor 3
・【ご利用のPC環境】Windows10
・【メモリ】16GB

はじめまして。
QからYキーでモーションの再生はできるのですが、録画したものを再生するとモーションが違うものに入れ替わってしまいます。

例えばですが、「Q」キーを押して、「Q」のモーションが再生されたものを保存して、確認したら「W」のモーションが再生される、といった具合です。
タイミングによってはうまく保存できることもありますが、ほとんどが想定外のモーションになってしまい、困っています。

「パフォーマンスを録音」から録画し、「ムービーとしてパフォーマンスをエクスポート」する、という方式をとっていますが、録画した当初(リアルタイム)はきちんと予測通りに再生されるのですが、保存しようとするとどうしても違うモーションに入れ替わってしまいます。
「パフォーマンスを録画してビデオとしてエクスポートする」で保存した場合も、「パフォーマンスを再生」した場合でも同じ現象が起こってしまいます。

何か解決策はないでしょうか?
タグ付けされた:

コメント

  • cc_きゃらめい.cfg ファイルでモーションを指定しているならFaceRigのバグかも
    再生では、名前順でQからになっているとかですか?
  • 9月 2018 編集されました
    cc_キャラ名.cfgでモーションを指定しています。
    他のスレッドを参考にして、
    set_special_action_anim model 'モーション名' 1
    set_special_action_anim model 'モーション名' 2
    set_special_action_anim model 'モーション名' 3
    set_special_action_anim model 'モーション名' 4
    set_special_action_anim model 'モーション名' 5
    set_special_action_anim model 'モーション名' 6
    といった具合で指定しており、この通りに再生されます。

    複数のパソコンで確認しても、どれも同じ現象が発生してしまいます。

    試しにですが、cc_キャラ名.cfgに記述した内容を削除しても同様に違うモーションに入れ替わってしまいました。
  • FaceRigのバグっぽいですね

    モーションファイル名を数値の連番にして少ない数値からQWERTYに割りあてるとか
    set_special_action_anim もでるめい 'm001' 1
    set_special_action_anim もでるめい 'm002' 2
  • 9月 2018 編集されました
    モーションファイル名をm001~m006に書き換えて試してみましたが、変わらずでした。
    ダメ元でキャラ名も変えてみるなどしましたが、やはり無理でした。
    FaceRigのバグとして諦めるしかないのでしょうかね……。

    ちなみに、FaceRig既存のアバターでモーションが入っているもの(アリスなど)は、想定通りのモーションで保存できます。
  • 12月 2018 編集されました
    この現象はmoc3形式で起こるようです
    cfgファイルの記述違いも関係ありそうです

    再生機能がcfgファイルを参照する時、従来のようにフルネームでないと
    読まないままになっていてcfgに書かれたのが機能せず、
    ファイル並び順やキー番号飛ばしでの詰めなどで他のモーションが動いてしまうのかも

    moc3形式では拡張子を省略して記述
    モーション名は、m01.motion3.json などのフルネームでは動かないが
     .motion3.jsonを省略した m01 を記述すると動く
    例: set_special_action_anim hiyori 'm01' 1

    moc形式(2.1版)ではファイル名をフルに記述
    モーション名は、m01.mtn などのフルネームで動く
    例: set_special_action_anim hiyori 'm01.mtn' 1

    規則性が不明なので誰かが規則性を解明するか、バグが直るまで諦めるしかなさそうです
    連番、個別名、ABCDEFなどファイル名を変えてもダメなようなのと
    たまに正常に動く、2週めで異なるなど規則性が無いようです
  • 最近判った新たなバグ
    moc3のモーションの場合、アニメーションファイルが1.5秒以下の場合、正常に動かない
    反転して再生される
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。