【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

デフォーマのコピーについて

デフォーマについて質問があります。

角度Zの動きをつけた前髪のデフォーマに、

さらに角度X Yと髪ゆれの動きをつけてしまいました。

角度Z、XY、髪ゆれを別々のデフォーマにするには作成し直すしかないのでしょうか?


ランダムポーズで顔の動きに前髪が付随しなかったため、それぞれデフォーマを分けなくてはいけなかったことに気づき、デフォーマをコピーして角度Z、XY、髪ゆれそれぞれのパラメータだけを残した3つのデフォーマを作成しましたが、親である角度Zのデフォーマーしか動きませんでした。

解決策をご存知の方がいましたらご助力お願いします。

コメント

  • keyt01さん こんにちは

    一つのデフォーマにパラメータをつける際4つ以上設定すると警告メッセージが出ると思うのですが、
    そちらを踏まえ4つ以上のパラメータが設定したという事でしょうか?
    仮に4つ設定しつつ各パラメータに3つのパラメーターキー(例:-1.0.+1)があった場合
    3×3×3×3=81の動きの作成が必要になりますが、そちらは全て設定されましたでしょうか?

    覚えがないということでしたら全ての動きをつけていないことになるので、
    パラメーターキー存在しているが、動いていない事になります
    (プログラム仕様上、動いていなくても表示されているので問題ないです)

    デフォーマコピーにつきましては、単純に複製しパラメーターも複製されているので、
    そのまま要らないパラメーターを削除、親子を設定すれば問題ないと思います
    無論、デフォーマの大きさなどの調整必要になってきます

    質問内容を振り返りますと、角度Z、角度X、角度Y、髪ゆれのそれぞれの動きが、
    全て基準のキー(「デフォルト設定値に戻すの状態」)の時にスライダーを動かしても動きがついていない様に思えます、
    なので、デフォーマを複製そのまま不要なパラメータを削除しても
    動きのついていないパラメータを残すことになるので実質動きが消えてしまうことになります
    「デフォルト設定値に戻すの状態」を実行してから、各パラメータが単独で動くようにパラメータキーをコピー整合してから
    複製、調整してください
    (本来はスライダーを動かした時に動く状態であれば削除しても問題ないのですが、
    今回は習得の為にも、全てのパラメーターが基準点の時に動きをつけるよう調整してみてください)

    以上です、よろしくお願いいたします
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。