【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Facerig用ファイル構成と作り方

Live2Dでキャラを作り、Facerigで使えるようにするには
所定のフォルダやファイルを作る必要があります。
キャラ名でフォルダを作り、そこに各ファイルを入れます

これがそのままFacerigでのフォルダ名になりますので他の人と重複しない名前が良い
日本語や記号は使わず英文字だけが良い、キャラ名はすべて同じにします


キャラ名フォルダの中に以下の物を入れます

キャラ名.moc     Live2Dの「mocファイル書き出し」にて作られるファイル
キャラ名.model.json  Live2Dの「mocファイル書き出し」にて作られるファイル

cc_names_キャラ名.cfg  キャラの名前やFacerig画面での説明文が書いてあるもの  自分でTXT形式で作る 
cc_キャラ名.cfg     初期表示位置、使用モーション、使用パラメータ初期値指定などが書いてあるもの  自分でTXT形式で作る

ico_キャラ名.png    Facerigのキャラ選択画面で表示される画像  正方形のPNG形式で作る 500ドット位でよい 

キャラ名.physics.json   物理演算ファイル 無くてもよい、 Live2Dビュアーで作る、あると綺麗に髪揺れ

キャラ名.2048   テクスチャ画像が入っているフォルダ「mocファイル書き出し」にて作られる
motions      自分で作り、モーションファイルを入れておくフォルダ


別途、スチームでのキャラ紹介画面で使われる画像も作っておきます
ファイル名は Preview.jpg 500ドット位の正方形が良さそうです  

コメント

  • cc_names_キャラ名.cfg の記述内容

    キャラの名前やFacerig画面での説明文が書いてあるものです
    自分でTXT形式で作ります、 
    日本語説明文も可能ですがUTF-8ではなくUTF-8N言う特別な形式で記述しないと使えないようです
    改行とか書式は不明


    set_friendly_name キャラ名 'キャラ名'

    set_avatar_skin_description キャラ名 default ' 囲んだ中に説明文を書く  '



    説明英文例 
    Original character.            オリジナルキャラだよ  
    motion (q, w, e, r, t, y)Key.   モーションが使えるよ         
    Comic effect (z, x, c, v)Key.       まんが表現できるよ  
    Shift + mouse button drag -- Move arm.  手が動くよ
  • cc_キャラ名.cfg の記述内容   何も指定しないなら省略可

    Facerigでキャラが最初に表示される位置や大きさを指定できます (省略可)
    QからYキー押しで使用するモーションを指定します (省略可)
    初期値指定したいパラメータを書きます (省略可)
    ZからVキーを特定のパラメータで使用したい場合指定します (省略可)


    表示される位置や大きさの指定 末尾の数字は順に 左右位置 上下位置 表示倍率(数値大きくで近く)

    set_cam_pos キャラ名 0.0 0.15 2.5


    QからYキー押しで使用するモーションの指定

    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 1
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 2
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 3
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 4
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 5
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 6


    ZからVキーを特定のパラメータで使用したい場合指定します (省略可)

    set_special_pose_param キャラ名 'PARAM_パラメータ名' 0 1 1
    set_special_pose_param キャラ名 'PARAM_パラメータ名' 0 1 2
    set_special_pose_param キャラ名 'PARAM_パラメータ名' 0 1 3
    set_special_pose_param キャラ名 'PARAM_パラメータ名' 0 1 4

    末尾の数字は OFFの時 ONの時 対応キー(1がZ、4がV)

    元からある下記指定パラメータを使用している場合は記述不要
    照れ PARAM_CHEEK     Zキー
    涙  PARAM_TEAR     Xキー
    怒り PARAM_RAGE     Cキー
    恐怖 PARAM_HAIR_FLUFFY  Vキー  


    自分で作ったパラメータや既存パラメータの数値を
    Facerigで変えたい場合、記述します、書式不明

    set_special_pose_param キャラ名 'PARAM_EYE_BALL_KIRAKIRA' 0 1 2

    set_arm_l_param キャラ名 'PARAM_ARM_L' -10 10 0
    set_arm_r_param キャラ名 'PARAM_ARM_R' -10 10 0
  • 編集済: 3月 2016
    cc_names_キャラ名.cfg の記述内容で
    改行はhtmlタグ <br> で出来るようです、他のタグも使えるかも
  • Live2Dから キャラ名.moc を書き出す時、
    後で名前変えればいいやと 初期名 model.moc などで書き出すと
    キャラ名.model.json 内の文字もmodelという名前で作られてしまうので
    書き出しの時はしっかり 英文字のキャラ名付けて書き出しましょう
  • cc_キャラ名.cfg の記述内容 追加

    ・アイドリングモーションの設定
     この記述でモーションを設定すると、常に繰り返し再生されます

    set_idle_anim キャラ名 'アイドリングしたいモーションファイル .mtn'

    キー押しで、他のモーションを再生している時は止まり、終わるとまた始まる
    モーションファイル内にFaceRig使用パラメータがあると、FaceRigのトレースより優先されるので動かない
    モーションの終わりで一瞬止まるので回転などで少し違和感がでる


    ・グループ分けしてある物をまとめて非表示に出来る設定

    set_part_opacity キャラ名 'PARTS_01_ARM_L' 0
    set_part_opacity キャラ名 'PARTS_01_ARM_R' 0
    set_part_opacity キャラ名 'PARTS_01_ARM_L_02' 1
    set_part_opacity キャラ名 'PARTS_01_ARM_R_02' 1

    末尾数字 0で非表示 1で表示 
    Live2Dモデラー上で非表示で書き出した場合、1にしても表示されない


    Live2D 3.2版以降 moc3用

    物理演算の設定がしてある髪などに追加で適用される

    ・重力の設定
    cubism30_set_gravity キャラ名 0 -1
    末尾の2つの数字 X軸(左右) Y軸(上下)  
    基本は 0 -1  Y軸で-1なので下に向かって垂れる

    ・風の設定を使用する/しない
    cubism30_enable_wind キャラ名 true
    末尾の文字  使用する true   使用しない false

    ・風の向きや強さ設定
    cubism30_set_wind_optons キャラ名 0 0 0
    末尾の3つの数字  X方向 Y方向 強度  
    数値は 0から6まで
    Makakabi
  • Facerig用 moc3ファイル構成
     
    「キャラ名」でフォルダを作り、そこに各ファイルを入れます
    これがそのままFacerigでのフォルダ名になりますので他の人と重複しない名前が良く
    日本語や記号は使わず半角英文字だけが良い、「キャラ名」はすべて同じにします

    「キャラ名」フォルダの中に以下の物を入れます
    キャラ名.moc3      「moc3ファイル書き出し」にて作られるファイル
    キャラ名.model3.json  「moc3ファイル書き出し」にて作られるファイル
    キャラ名.physics3.json  「moc3ファイル書き出し」にて作られる物理演算ファイル

    cc_names_キャラ名.cfg  キャラの名前やFacerig画面での説明文が書いてあるもの 自分でTXT形式で作る 
    cc_キャラ名.cfg     初期表示位置、使用モーション、使用パラメータ初期値指定などが書いてあるもの 自分でTXT形式で作る
    ico_キャラ名.png    Facerigのキャラ選択画面で表示される画像 正方形のPNG形式で作る 500ドット位でよい 

    キャラ名.2048   テクスチャ画像が入っているフォルダ「moc3ファイル書き出し」にて作られる
    motions      自分で作り、モーションファイル(.motion3.json)を入れておくフォルダ


    cc_キャラ名.cfg のmoc3での記述内容

    QからYキー押しで使用するモーションの指定
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 1
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 2
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 3
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 4
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 5
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名.mtn' 6

    モーション名は、hiyori_m01.motion3.json などのフルネームでは動かないが
     .motion3.jsonを省略した hiyori_m01 で動く
    例: set_special_action_anim hiyori 'hiyori_m01' 1
    Makakabi
  • 編集済: 5月 2018
    Cubism Editor 3.2版で作成し そのままFaceRig用にする(.moc3形式)場合の手順

    グルーなどの新機能、新パラメータID名、描画順設定しないなど2.1版変換が面倒な場合 .moc3形式が良いです
    テクスチャアトラス作成、物理演算の設定など終わらせ、モデル、モーションが完成した状態から

    ・キャラ名を考えます
    日本語や記号は使わず半角英文字だけ、以後「キャラ名」はすべて同じにします
    これがそのままFacerigでのフォルダ名、アップロード名になりますので他の人と重複しない名前が良いです

    ・「キャラ名」でフォルダを作り、各ファイルを入れていきます
    ・キャラ名フォルダ中に「 motions 」名でフォルダを作っておきます

    ・Cubism Editor 3.2版でモデルを、書き出します
    上メニューの「ファイル」、「組込み用ファイル書き出し」、「moc3ファイル書き出し」を使用
    物理演算設定ファイルにチェックする、他はそのまま

    保存画面で、「キャラ名.moc3」としっかり記入し、「キャラ名」で作っておいたフォルダに保存
    ここで入力した名前がファイル内部に書き込まれるので、後で名前変更するとトラブルの元

    キャラ名.moc3      「moc3ファイル書き出し」にて作られるファイル
    キャラ名.model3.json  「moc3ファイル書き出し」にて作られるファイル
    キャラ名.physics3.json  「moc3ファイル書き出し」にて作られる物理演算ファイル
    キャラ名.2048   テクスチャ画像が入っているフォルダ「moc3ファイル書き出し」にて作られる


    ・Cubism Editor 3.2版でモーションを、書き出します
    上メニューの「ファイル」、「組込み用ファイル書き出し」、「モーションファイル書き出し」を使用
    「全シーンを出力」にする
     パーツ表示切替は、書き出さない (位置飛びバグがあるので書き出さない)
     不透明度は、書き出さない (パーツ消えバグがあるので書き出さない)

    「 motions 」フォルダを指定して「開く」で書き出し
    設定ファイルが無い場合、モーション名順にQ~Yキーへ割り当てられます

    このままフォルダごとFaceRig所定のフォルダに入れれば使えますが
    設定ファイルや選択画像など作成するとより良いです

    FaceRig所定のディレクトリー WIN7での例 
      C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_CustomData\Objects\


    【注意】Cubism Editor 3.2版作成 .moc3形式の問題点
     設定ファイル書式が確定してないので、突如変更され使えなくなる
     (3月から5月に使えた書式が5月に使えなくなった)
     位置、大きさ表示バグがありFaceRigでの選択画面で巨大になる
     パーツ切り替えバグがあり、切り替え使用で全部消える
     実装初期段階から大きなバグが多くあり、未知のバグが多数ありそう
    Makakabi
  • Facerig用 moc3ファイル構成 訂正

    cc_キャラ名.cfg のmoc3での記述内容

    QからYキー押しで使用するモーションの指定
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名' 1
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名' 2
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名' 3
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名' 4
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名' 5
    set_special_action_anim キャラ名 'モーション名' 6

    モーション名は、hiyori_m01.motion3.json などのフルネームでは動かないが
     .motion3.jsonを省略した hiyori_m01 などの名前だけで動く
    例: set_special_action_anim hiyori 'hiyori_m01' 1
  • Facerig用 moc3ファイル構成  追記
    moc3での cc_キャラ名.cfg の記述内容 
    小文字系パラメータID名(Param~)の場合

    ZからVキーを特定のパラメータで使用したい場合指定します (省略可)

    set_special_pose_param キャラ名 'Paramパラメータ名' 0 1 1
    set_special_pose_param キャラ名 'Paramパラメータ名' 0 1 2
    set_special_pose_param キャラ名 'Paramパラメータ名' 0 1 3
    set_special_pose_param キャラ名 'Paramパラメータ名' 0 1 4

    末尾の数字は OFFの時 ONの時 対応キー(1がZ、4がV)

    元からある下記指定パラメータを使用している場合は記述不要
    Zキー  ParamCheek
    Xキー  ParamTear
    Cキー  ParamRage
    Vキー  ParamHairFluffy 
  • Facerig 2018/07/04更新での機能追加
    moc  moc3での cc_キャラ名.cfg の記述内容 

    ZからVキーを特定のパラメータで使用したい場合指定します (省略可)
    Shift + ZからVキーをパラメータで使用したい場合指定します (未使用なら省略可)

    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 1
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 2
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 3
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 4
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 5
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 6
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 7
    set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 8

    末尾の数字は OFFの時 ONの時 
    対応キー(1=Z、2=X、3=C、4=V、5=Shift +Z、6=Shift +X、7=Shift +C、8=Shift +V)
    Makakabiwataribito
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。