Live2Dに関するユーザーのみなさま同士の交流・ご質問・不具合の報告・提案・要望などについて是非お寄せください。
※Live2D公式スタッフからの発言や回答については確約できないことを予めご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

パラメーターの数値について

正面のイラストからモデルを作る場合、パラメーターの数値や角度はどのように決めたら良いのでしょうか?サンプルモデルでは、描画オブジェクトによって-1から+1だったり-30から+30だったりしているようですが、何かルールがあるのでしょうか?
タグ付けされた:

コメント

  • 4月 2014 編集されました
    パラメータの値はユーザーが自由に指定できますが、一般的に以下のようなルールで設定されることが多い印象です:
    • 顔や体の向きなど、オブジェクトの『実際の曲面的な角度』を制御するパラメータには、その角度を想定した値を割り当てます。これは-20から+20や-30から+30だったりします。
    • 目の開閉や曲がり具合など、オブジェクトの『状態』を制御するパラメータには、0から1、あるいは0から1.5を割り当てます。これは『0=完全に閉じた状態』、『1=完全に開いた状態』、あるいは『1.5=過度に開いた状態』としたほうが分かりやすいから、という理由です。
    このようにパラメータの値はユーザーが『分かりやすい』と感じるルールでオブジェクト毎に設定するとよいと思います。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。