質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

unityでの光の影響を受けるマテリアル生成

現在unity+cubism3 sdkを使用するとモデルのそれぞれのspriteにunlit-materialが使われています。
しかしこれはunity内でlightの影響を受けていません。
spriteにlightの影響を与える場合、たとえば diffuseに設定されたmaterialを使うことでlightの影響を受けさせることができますが
cubism3で生成されたモデルにはlightの影響を与えることはどうにかしてできないでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。
また、unlit-materialの代わりにdiffuseに設定されたmaterialを使ってもlightの影響を受けませんでした

コメント

  • @yomiguchi さん

    Unity上でLive2Dのモデルにライティングを適用させることは可能です。
    デフォルトではLive2Dが用意したUnlitなシェーダを使用していますが、これをカスタマイズして使ったり、Unityのビルトインシェーダや自作のシェーダを使うこともできます。

    diffuseを設定したmaterialを使用とのことですが、Unityのビルトインシェーダにはライティングが影響しないシェーダも含まれております。
    再度お使いいただいたシェーダが、ライティングの影響を受けるものかどうかをご確認ください。


    参考までに、モデルのインポート時に任意のMaterialを適用する方法は こちらのチュートリアル を参照してください。

    その他Unityのシェーダの詳細については、Unityの公式を参照してください。
Sign In or Register to comment.