質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

Cubism Editor3.0マニュアル

Cubism Editor3.0マニュアルの
メニュー モデリングメニュー モデルのIDを変換 項目から移動の  IDの変換 ページにある

>POINT
>IDを間違えて書き換えた場合、アニメーションのリンクが切れるなどの重大なトラブルの原因となりますので、これらの操作は慎重に行ってください。

アニメーションのリンクは本当に切れるのでしょうか?また重大なトラブルとはどんな場合にどんな事が起こるのでしょうか?

試した所、ID変換前に作ったアニメーションファイルを開いて 置き換え でID変換したモデルを選択しても作った動きはそのまま使えました。


マニュアルの メニュー モデリングメニュー の中のパラメータとグルーの間に アートメッシュ 説明が無いです
アートメッシュ  当たり判定用アートメッシュを生成 

・cubism3.0では「.(ドット)」が使えなくなり、 「D_REF.」の仕様で開発していた場合、
 cubism3.0では設定出来ませんので文字変更、仕様変更をお願いします。

・2.1版の時は、当たり判定のIDには「D_REF.」と付けるという命名規則に沿ってIDを決めています とありました
Sign In or Register to comment.