【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

「選択オブジェクトの入力画像として指定」機能について

日々開発お疲れ様です。

プロジェクトタブから行える
「選択オブジェクトの入力画像として指定」機能についての質問です。


現在Live2Dモデルの足部分を制作しております。

PSD側で生足とタイツの二種類の差分があり、そのサイズはほぼ一緒です。
足アートメッシュはスキニングを用いて「大腿」「下腿」「足」の3つに分けました。

この三分割した足のアートメッシュを複製し、
プロジェクトパレットから「選択オブジェクトの入力画像として指定」を実行し、
複製した生足アートメッシュをタイツアートメッシュに置き換える作業を行いました。


この時、タイツへの置き換えは出来たのですが、
複製元である生足アートメッシュも同時にタイツに置き換わってしまいました。

(複製先であるタイツ側も3つのうち1箇所しか変更してないにも関わらず、3つ全てのアートメッシュが置き換わりました)


この問題を回避し、「選択オブジェクトの入力画像として指定」機能を用いて
差分作成を行う方法がありましたらご教授いただけないでしょうか。

また、バグの場合は修正の程よろしくお願いします。

コメント

  • hatyati様

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフの虹子でございます。
    返信が遅くなりましたことお詫び申し上げます。

    [入力画像として指定]はアートメッシュに紐づいた画像を差し替える機能のため、お試しいただいた方法ですと全ての画像が差し替えられた状態となります。


    差分の作成につきましては、少々煩雑な手順となりますが、下記の方法をご提案いたします。

    【 「足A」とそのコピー「足Aコピー」があり、「足Aコピー」の「足原画1」を「足原画2」に差し替えたい場合 】
    ※この場合「足A」=「足原画1」=生足、「足原画2」=タイツでお試しいただけるかと存じます。

    1.「足原画2」を含むPSDを読み込み
    2.「モデル設定」ダイアログでは既存のモデル名を選択
    3.「再インポートの設定」ダイアログでは、全てのレイヤーを新規アートメッシュとして追加
    4.新しく作成されたアートメッシュを削除(あとから削除を行っても問題はございません)
    5.「足Aコピー」を選択した状態で、プロジェクトパレットの「モデル用画像」より、
      新しく作成された「足原画2」を選択し「選択オブジェクトの入力画像に設定」を実行

    この手順で完成したモデルは「足A」と、「足Aコピー」がそれぞれ異なる原画となります。


    この手順の仕組みをご説明いたしますと

     原画 => モデル用画像 => アートメッシュ

    という形で接続されており、以前お試しいただきました方法では、原画=>モデル用画像の関係を変更している関係で、
    同じモデル用画像を参照している全てのアートメッシュが変化いたしました。

    今回ご案内いたしました方法では、モデル用画像=> アートメッシュの関係を変更するため、
    各アートメッシュが個別に変化いたします。


    これらの仕様がわかりづらいため、また、再度新規インポートする手間が必要なことなどから今後の改善を検討しておりますが、
    現状ではこのように対応していただければ幸いに存じます。

    ご不明な点がございましたらお知らせください。
    今後ともお引き立てのほど何卒よろしくお願い申し上げます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。