質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

人が演じてモーションが作れるようにしてほしい

現在は全て手動でモーション(動き)作成をしていますが
カメラ前で人が演じてキャラを動かせるFaceRigを利用したモーション作成方法があると便利そうです

具体的には、FaceRigにLive2Dキャラを組み込み、FaceRig内機能で録画(この録画はパラメータ値と音を記録しているようです)
出来上がった録画ファイル( .rpl )をLive2Dへ入れると、動きのパラメータ値が入力されている感じになる機能です


コメント

  • Live2Dモデルを組み込んだFaceRigを起動
    FaceRigメニューの パフォーマンスを録音 を使用し人の演技を記録、ファイル生成

    FaceRigメニューの パフォーマンスを再生 を使用すると
     記録されたのと同じ動きをする
     記録した時の音が再生される
     記録された時と同じモデル比率で再生される

    録画ファイル( .rpl )は
     使用モデルを切り替えても同じパラメータの動きで再生される事から
     画像的に記録ではなく、パラメータ変化や位置を記録している
     3D背景の回転位置も記録されるが 背景種類情報はなし
     QからYキーを押す動作も記録、再生される

    録画ファイル( .rpl )にはパラメータ数値がそのまま入っているので
    Live2Dで読み込み、変換、整頓するだけで演じた動きをモーションにする事が可能
    ついでに関連音声ファイルも読み込んでくれるとありがたいです
    sevena7a
Sign In or Register to comment.