ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
Live2Dの様々な情報をお届けするリアルイベント「alive 2017」参加応募受付中!

Live2Dを使ったゲームタイトルを持つ企業による開発秘話のセッションなど
さまざまなコンテンツを用意しています!

初心者の方も経験者の方も参加可能ですので、ぜひ一度特設サイトをご覧ください。
(応募期限2017/11/12まで)

詳しい募集要項はこちら↓↓

特設サイト:http://alive2017.live2d.com/ 

Cubism Editor 3でのFaceRigモデル作成注意点

Cubism Editor 3 では初期パラメータIDが異なる為、新規作成した場合、
FaceRigでは動きません、また新機能グルーも反映されません

・パラメータIDを2.1版の大文字方式にする為、2.1でPSD入力してから3.0で作業すると良い
・グルーなど新機能は使わない

コメント

  • Cubism Editor 3のバージョンアップで モデルのIDを変換 機能がつきました
    どの作業段階でもパラメータIDの変換を完全に行えるようになりました
    sevena7a
  • Cubism Editor 3のバージョンアップで2.1用mtn書き出しが追加されました

    「組込み用ファイル書き出し」の中「モーションファイル書き出し」 
    「2.1形式として書き出し」チェックにてFaceRigで動きました
    記述がベタ書き出しになり見難く扱いにくくなってます

    位置、拡大など全検証をどなたかよろしくです
  • Cubism Editor 3のバージョンアップで第1弾の物理演算が追加されました
    2017/8/19現在の状態では新方式出力しかなく、physics3.json はFaceRigでは使えません
    名前を変えて入れてみた所、FaceRigがエラー落ちしました

    物理演算は従来通りLive2D2.1ビュアーでの作成がいいようです
  • Cubism Editor 3でのFaceRigモデル作成注意点まとめ 2017/8月現在

    ・モデル作成時にパラメータIDをLive2D2.1の大文字名に一括変換する 
    ・グルーなど新機能は使えないので作成で使わないようにする
    ・モーションファイルは作れるが3.0で追加されたカーブなどは反映されない
    ・物理演算ファイルは作れないので、2.1のLive2D Viewerで作成する
  • 作成で描画順が同一、並び順頼りの場合だけですが
    3.0作成でFaceRig使用の時、パーツ並び順が逆になり意図しない表示になります

    サンプルのひよりの場合、そのままだと目が表示されずになります
    目玉、白目などの描画順が650の同一で並び順頼りの為です

    描画順同一の並び順頼りは避けて、描画順はしっかり管理しましょう
  • edited 10/21
    3.0版での「物理演算設定の書き出し」は使えません

    Cubism Editor3.0版で「組込み用ファイル書き出し」の中の「物理演算設定の書き出し」を行うと
     .physics3.json ファイルが作られます。

    このファイルは2.1版と比べ名前も違いますが中身も違い、リネームしても互換性なく使えません。

    FaceRigに入れると
      .physics3.json だと 名前違いで使われない
      .physics.json にリネームすると FaceRigがエラーで起動しません。

    FaceRig用は2.1版のLive2D Viewerで作成すると良いです。
Sign In or Register to comment.