ようこそ!

初めてですか? 参加するには、どちらかのボタンをクリックしてください!

【Live2D Creators Circleのご案内】
Live2Dでは現在、業務をお手伝いしていただけるユーザーの方々を募集しています。
もし、ご興味がありましたら下記URLより詳細をご確認ください。
https://goo.gl/0oBmkq
Live2Dの様々な情報をお届けするリアルイベント「alive 2017」参加応募受付中!

Live2Dを使ったゲームタイトルを持つ企業による開発秘話のセッションなど
さまざまなコンテンツを用意しています!

初心者の方も経験者の方も参加可能ですので、ぜひ一度特設サイトをご覧ください。
(応募期限2017/11/12まで)

詳しい募集要項はこちら↓↓

特設サイト:http://alive2017.live2d.com/ 

PSDのインポート機能

インポート用のPSDを作る時のルール

レイヤーに描かれた絵を修正して差し替えができる
レイヤーを追加すると新パーツとして追加される
一度、PSDインポートしたら、レイヤー名は変えない、非表示切り替えはしない


カラーモードは「RGB」、カラープロファイルは「sRGB」
  「Adobe RGB」など違うカラープロファイルを使用していると Modeler に読み込んだときに色が変わる
   CMYKなどになっていると、PSDを読み込めません

レイヤー属性は「通常」 「不透明度」と「塗り」は100%
  乗算やオーバーレイなどのレイヤーは色がおかしくなる、レイヤーマスク、クリッピングマスクは残さない
  2.1 不透明度などを50%などにしていても、テクスチャ化するときに100%にした状態で配置
  3.0 PSDで設定した不透明度がそのまま引継ぎ反映される

配置テクスチャ(テクスチャアトラス)の差し替え
  2.1 PNG形式でテクスチャを差し替えすると、以後PSD修正が使えなくなるので注意
  3.0 機能なし

一度決めたレイヤー名は変更しないのが良い (変えるとリンク切れを起こし消えたりする)
目のマーク非表示の切り替えも注意 (リンク切れを起こし消えたりする)
インポート時はPSDのレイヤー名は同じものがないようにするのが理想

レイヤー名は、 Modeler にインポートで描画オブジェクト名として引き継がれます
PSDファイルを Molder にドラッグ&ドロップしても同じようにインポートできます

1つのレイヤーに複数パーツ配置の場合
  2.1 離れた物は別のパーツとして分けられる
  3.0 離れていても1つのパーツ

目のマーク
  非表示で配置に使われない Live2Dには取り込まれるが使えない
  再インポートで非表示にするとLive2D上でも消えるので注意、逆に表示にすると新パーツとして追加される
  再インポートを行う際、PSD内でレイヤーを非表示にしてしまうとリンクが切れテクスチャが消去されます

cmoxファイル内にPSDが保存してあり、そのPSDと描画オブジェクトがリンクされています
  繰り返し拡縮や回転して配置しても劣化させることなく再配置できます

レイヤー構成制限
  2.1 通常のレイヤー並びのみ(フォルダ不可)
  3.0 フォルダ構成で読み込め、そのままの構成で反映される 

アドビ以外のソフトでPSD形式出力した場合、色化けなどが起こる事があります
  「GIMP」無料画像編集ソフト OK
  MediBang Paint Pro  色化け

PSDとのリンクが切れてしまう条件
  ポリゴンを編集時、頂点をすべて消してから打ち直ししたとき
  PNG形式のテクスチャの差し替え操作をしたとき
  再インポートしたPSDに元あったレイヤーが無くなっているとき
  PSDのレイヤー名を変えて再インポートしたとき
  元々表示していたレイヤーを非表示にして再インポートしたとき
sevena7a
Sign In or Register to comment.