質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

アニメーターの書き出しをWin版はウィンドウズムービーメーカーファイル(.wlmp)が書き出し出来れば解決できます。

アニメーターの動画書き出しの要望をしてから6ヶ月程度経ちましたが未だ解決されていません。
そこで思うのですが、いっそう動画の書き出しをあきらめて他のソフトに一任してみてはいかがでしょうか?
・私が推奨するのはウィンドウズムービーメーカーです。
アニメーターの書き出しをWin版はウィンドウズムービーメーカーファイル(.wlmp)が書き出し出来れば解決できます。
①ダウンロード必要ですが正規の内蔵?フリーソフト。
②軽くて書き出しも早い。メモリの容量も小さい。
③編集も簡単で一つのソフトですべて完結出来る。
注意点
ウィンドウズムービーメーカーは1秒を100単位のため
1秒間に再生出来る画像は最大で33枚(1枚あたり0.03)で表示。
1秒間に再生出来る画像は最大で25枚(1枚あたり0.04)で表示。
1秒間に再生出来る画像は最大で20枚(1枚あたり0.05)で表示。
となります。
今現在私はアニメーター2.1でやってます。3.0だと文字が使えないため2.1を使わざるを得ない。
アニメーター→ウィンドウズムービーメーカー→Vegasで編集してます。
ウィンドウズムービーメーカーを使うのはリップシンクがしやすいからです。
文字も入れられます。
1ファイルごとに音をつけることができるので使いやすい。
10秒程度のアニメなら1分ないくらいで書き出し出来る。

(.wlmp)で書き出し出来れば難しい話ではありません。
正規のソフトで内蔵ソフトの互換性はライセンスも難しいとは思えません。
現在:アニメーターリップシンク→ウィンドウズムービーメーカー連番画像取り込み→編集、一秒間再生時間設定→音を付ける→動画書き出し
→Vegasで編集
wlmpで書き出し可能の場合:アニメーターリップシンク→ウィンドウズムービーメーカーリップシンクファイル開き→動画書き出し
→Vegasで編集
3手間が1手間になるのでだいぶ楽になります。
是非ご検討ください。

何度もいいますが、このソフトは一枚の絵が動画になるが売りであり、それが柱だと思います。
ウェイトとしてはゲームに使うことなのでしょうが、動画ができてはじめてゲーム上で同じ動きができるわけで、
柱が倒れたままではなんのソフトか分かりません。もう、動画が書き出せなくなって1年6ヶ月になります。

ハキッリ言いますが今のLive2dはクリップスタジオに劣ってます。
クリップスタジオは動画書き出せます。3D使えます。
クリップスタジオはリップシンクが難しいので動画が書き出せるかどうかは非常に重要になってくる。

コメント

  • @hidebink

    お世話になっております、StaffのSevenAです。
    動画出力に関しての貴重な情報誠にありがとうございます。
    開発陣にも共有させていただきます。

    確かに、動画出力に関しては需要が多くなってきていることは日々実感しております…。
    ただ、心苦しいのですが、なかなかそこの実装にリソースを割けない状況が続いてたのも事実です。

    先週リリースした3.0.13のバージョンでは、ようやく大きなバグも無くなり、新規開発にかけるリソースも確保できるようになって参りました。

    動画出力の件は重要課題として開発内でも認識しております。
    リソースが確保出来次第、早急に実装を検討いたします。

    今後とも、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
Sign In or Register to comment.