質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【機種名】:MacBookPro 2017 など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】例:パーツの表示状態など、お問い合わせ内容がわかる画像をご用意ください

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

3.0版での「物理演算設定の書き出し」は使えません

Cubism Editor3.0版で「組込み用ファイル書き出し」の中の「物理演算設定の書き出し」を行うと
 .physics3.json ファイルが作られます。

このファイルは2.1版と比べ名前も違いますが中身も違い、リネームしても互換性なく使えません。

FaceRigに入れると
  .physics3.json だと 名前違いで使われない
  .physics.json にリネームすると FaceRigがエラーで起動しません。

Live2DViewerでは
  .physics3.json だと 名前違いで入らない
  .physics.json にリネームすると入るが設定が空白になりViewerが動かなくなる

sevena7a
Sign In or Register to comment.