質問は基本的に1スレッドにつき1つの内容でお願いします。

お問い合わせの際は下記の情報を明記をお願いいたします。

▼ソフトウェアに関するご質問の場合

・【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】(例:Cubism Editor 3.1.02、Euclid Editor 1.2.0 など)
・【ご利用のPC環境】例:Windows10、macOS HighSierra など
・【グラフィックボード】例:GeForce GTX 950M など
・【メモリ】例:8GB
・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】例:Photoshop , CLIP STUDIO , SAI など
・【問い合わせ内容がわかるスクリーンショットまたは動画】

---------------------------

▼SDKに関するご質問の場合

・現象の再現を行い検証させていただきますので、再現する最小のプロジェクトのご提供か、再現するまでの手順
・使用したSDKのバージョン

Live2D作成手法の一覧がない原因

edited 02/02 in 一般
ごく簡単な作り方さえ、出し惜しみする思想が社員の人にあるようです。
Live2D作成手法の一覧がないのも、この出し惜しみ思想のせいでしょうか?
Live2Dでの作成技術が発展しない原因がこの辺にありそうで、改善が必要です。

私が提案し書き込んでいる方式は何一つ解説動画で使われる事が無い状態
これは勝手に使ったら文句言う思想が社員にあるので、
勝手に使ったら文句言われるから使わないだったのが確認できました。
また、他の人が考えた方式は、くやしくて使いたくないから無視する思想もあるようです。

技術向上目的での新方式モデルの削除依頼も気になる対応です。
FaceRig対応の新方式モデルを元にテンプレ作成し供給していれば
現在のLive2DでのバーチャルYouTuberモデルの向上が出来たのに惜しい状態となってます。
Sign In or Register to comment.