【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism EditorおよびSDKはいずれのバージョンもmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
正常に動作できない可能性がありますので、対応バージョンの提供開始まではOSのアップグレードをお待ちいただきますようお願いします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
対応につきましては現在検証を進めております。対応バージョンの公開時期は追ってご案内いたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

「変形パスからスキニング(β)」への要望

編集済: 3月 2018 要望
お世話になっております。
スキニング機能の実装で新しい表現が可能になり嬉しいです。
どうもありがとうございます。

「変形パスからスキニング(β)」を使ったとき、思ったよりも振り子の数が多く作られてしまったので
自分の狙った数、狙った場所に振り子を作りたいなと感じました。
例えば、添付画像のように変形パスの点と
生成される回転デフォーマの中心が合うような挙動であれば直感的かなと思いました。

今後アップデートの際に、ご検討いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

  • natsumine_723様

    ご連絡ありがとうございます。
    Live2D スタッフの虹子と申します。

    このたびは貴重なご意見を賜り誠にありがとうございます。
    お客様のご要望は開発者と共有し、今後の開発の参考にさせていただきます。

    今後ともお引き立てのほど何卒よろしくお願い申し上げます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。