【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Live2D Cubism Native Core API リファレンス Version r1での改善、誤記

Live2D Cubism Native Core API リファレンス(Version r1)を参考に、現在のCubism3SDK for Native(beta2)を使った実装を行っています。その際に気づいた点を2点書いておきます。

その1

p.10にある、下記の行ですが、ここでの変数Mocは、3行前の"csmMoc* moc"変数を参照しているはずです。
// モデルのインスタンスを作成
csmModel* model = csmInitializeModelInPlace(Moc, modelMemory, modelSize);
そのため、正しくは、以下のようになるのではないでしょうか。
// モデルのインスタンスを作成
csmModel* model = csmInitializeModelInPlace(moc, modelMemory, modelSize);

その2

p.14の下記の行ですが、
printf(“size.x=%5.1f”,size.x); // size.x = 2400.0 = (3) * (5)
printf(“size.y=%5.1f”,size.y); // size.y = 3000.0 = (4) * (5)
printf(“origin.x=%5.1f”,origin.x); // origin.x = 1200.0 = (1) * (5)
printf(“origin.y=%5.1f”,origin.x); // origin.y = 1500.0 = (2) * (5)
csmVector2は、headerでは以下の定義となっています。あとorigin.yの出力で、origin.x変数を参照しています。
/** 2 component vector. */
   typedef struct
   {
       /** First component. */
       float X;
       /** Second component. */
       float Y;
   }
   csmVector2;
ですので、正しくは以下のようになるのでないでしょうか。
printf(“size.X=%5.1f”,size.X); // size.X = 2400.0 = (3) * (5)
printf(“size.Y=%5.1f”,size.Y); // size.Y = 3000.0 = (4) * (5)
printf(“origin.X=%5.1f”,origin.X); // origin.X = 1200.0 = (1) * (5)
printf(“origin.Y=%5.1f”,origin.Y); // origin.Y = 1500.0 = (2) * (5)
t_takasaka (Staff)

コメント

  • @とげとげ様

    Live2Dスタッフの小嶺です。
    ご指摘ありがとうございます。
    確かに誤りでした。次版公開の際にご指摘を反映したいと思います。
    ほかにも誤りや疑問点がありましたらフォーラムへ連絡いただければ幸いです。
    ありがとうございました。
    t_takasaka (Staff)
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。