新しいLive2D公式コミュニティ(日本向け)が公開されました!
ぜひご利用ください!
Live2D公式コミュニティ

■このコミュニティの今後について
このコミュニティ(forum.live2d.com)につきましては、しばらくの間新コミュニティと並行して運営しますが、2022年内を目処に閉鎖する予定です。
閉鎖時期や内容については決定次第お知らせいたします。
海外向けコミュニティについては変更ございません。
Live2Dに関するユーザーのみなさま同士の交流・ご質問・不具合の報告・提案・要望などについて是非お寄せください。
※Live2D公式スタッフからの発言や回答については確約できないことを予めご了承ください。

Live2D ヘルプ

Cubism Editorダウンロード / 動作環境
Cubism SDKダウンロード / 対応表
Cubism 製品利用ライセンス(SDK含)

Cubism 製品のライセンスについてのお問い合わせはこちら
nizima 及び nizima 製品についてのお問い合わせはこちら
【各最新OSの対応状況について】
Cubism Editorは 4.1.02 正式版以降でWindows 11 及び macOS Monterey に対応しております。ぜひ最新版をご利用ください。
※macOSをお使いの方でOSアップデートする際は必ずCubism Editorのライセンスを解除してください。
Cubism EditorをインストールしているmacOSをアップグレードしたい
Cubism SDKについては各SDKのREADMEまたはNOTICEをご確認ください。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

facerigにてカスタムアニメーションが再生されない

編集済: 6月 2018 Facerig+Live2D Module
こんにちは、日ごろからみなさんの投稿を参考させていただいております。

発生している問題:facerigにアバターを読み込み、Qを押してもアニメーションは再生されずにアバターが消えてしまう。
現状:cubism3にてモデリングをして、アニメーションを作成し、.motion3.jsonと.mtnの2種類書き出し。
以下に記載いたします任意のフォルダ階層を作成し、stem内に置く。
モーションはテストとして眼球が左から右へ1秒かけて動くアニメーションです。
またファイル名は全てリネームしていません。

対応したこと:
・motion3.jsonファイルの組み込み・mtnファイルの組み込みをどちらもしてみる。→変化なし


現状のフォルダ階層:(〇〇はキャラクター名・キャラクター名は半角英語)
〇〇
 -〇〇.2048
  -texture_00.png
 -motions
  -motion.motion3.json
  -motion.mtn
 -〇〇.moc3
 -〇〇.model3.json
 -〇〇.physics3.json
 -cc_〇〇.cfg
 -cc_names_〇〇.cfg
 -icon_〇〇.png

現状のcfgファイル内の記述:
【cc_names_〇〇.cfg】
set_friendly_name 〇〇 'Live2D 〇〇'
set_avatar_skin_description 〇〇 default txt_descLive2dAvatar1

【cc_〇〇.cfg】
set_special_action_anim 〇〇 'motion' 1
set_special_pose_param 〇〇 'PARAM_EYE_R_SMILE' 0 1 2

現状のmotion3.jsonファイル内の記述:
【〇〇.model3.json】
{
"Version": 3,
"FileReferences": {
"Moc": "〇〇.moc3",
"Textures": [
"〇〇.2048/texture_00.png"
],

"motions":{
"null":[
{"file":"motions/{motion.motion3.json"},

]
}

"Physics": "〇〇.physics3.json"
},
"Groups": [
{
"Target": "Parameter",
"Name": "EyeBlink",
"Ids": []
},
{
"Target": "Parameter",
"Name": "LipSync",
"Ids": []
}
]
}

長々と申し訳ございませんが、どなたか知恵をお貸しいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。
タグ付けされた:

コメント

  • 編集済: 6月 2018
    ご返答ありがとうございます。
    実装をまとめていらっしゃる記事を参考にさせていただいておりました。

    記事に書いてございます、モーションの書き出しの際に、
    ・パーツ表示切替は、書き出さない (位置飛びバグがあるので書き出さない)
    ・不透明度は、書き出さない (パーツ消えバグがあるので書き出さない)
    も試してみましたが状況は変わりませんでした。

    一応、set_cam_pos にてモデルの初期位置の調節もしてみましたがこちらも状況は変わりませんでした。

    思い当たることはいろいろとやったつもりですが正直手詰まってしまっておりまして……
  • 編集済: 6月 2018
    出来れば moc にするのがいいです、moc3 はまだ未解明が多いです

    位置飛びなのか、消えるのか調べる為に、
    複数モデル表示にして、問題のキャラ選択状態でQキー押し、消えたら
    他モデル選択で再び表示されるか、されないか

    あと、moc3 形式でパラメータID名が PARAM_ANGLE_X 系なようですが
    それだと呼吸がバグでうごかないです
  • 返信おそくなりまして申し訳ございません。

    複数モデル表示にして、問題のキャラ選択状態でQキー押し、消えたら
    他モデル選択で再び表示されるか、されないか
    →確認いたしましたところ、自作モデルは表示されませんでした

    呼吸のパラメータIDについてご指摘ありがとうございます。
    私もご指摘で呼吸が反映されていないことに気づきました。
    確認いたします。
  • 呼吸のパラメータIDについて確認できました。
    パラメータIDを小文字にすることで呼吸が反映されました。
    ありがとうございます!
  • そうなると、完全に消えているなので、
    モーションにパーツ表示関係のが残ってるか、
    moc3は未知が多いの他の原因があるのかですね
  • 確認いたしましたところ再生されました…!

    不透明度を変えて表示させているパーツがありましたので、そちらを最初から表示させる必要がありますが…
    ちなみに描画順にてパーツの表示・非表示も試してみましたがやはりモデルは消えてしまいました。
    そもそもfacerigに組み込むことを前提とするときには不透明度・描画順はパラメータに組み込まない方が良いということですかね…

    お忙しい中ご対応ありがとうございます!本当に助かりました!

  • moc3での、モーションと不透明度、非表示、消えるの関係を
    誰かが調べてまとめてくれるといいのですが望み薄なので
    安定している 2.1形式 moc で作成が良いですね 
  • ご返信ありがとうございます!
    こちらの返信が遅くなりまして申し訳ございません。

    実際に私が経験した問題と解決策を以下に記載いたします。

    問題:facerigにアバターを読み込み.cfgファイルにスクリプトを記載、Qを押してもアニメーションは再生されずにアバターが消えてしまう。
    原因:そもそもモデル自体に不透明度を変える(不透明度を0%から100%)ことによって表示するパーツがあった。
       →アニメーションファイル(.model3.json)書き出しの際にパーツ表示切替を書き出さない・不透明度を書き出さないを選択するとアニメーションがきちんと再生された。
       →しかし不透明度に関するパラメータが使用できなくなったので、不透明度を変えて表示させていたパーツは最初から表示する必要があった。

    バグなのか仕様なのかは定かではないので応急処置という感じでした...
    改めてお力添えいただきましたxsinryux_x 様に感謝いたしますとともに、私と同じような状況の方のお力になれれば嬉しいです。

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。