【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism EditorおよびSDKはいずれのバージョンもmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
正常に動作できない可能性がありますので、対応バージョンの提供開始まではOSのアップグレードをお待ちいただきますようお願いします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
対応につきましては現在検証を進めております。対応バージョンの公開時期は追ってご案内いたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

ティラノビルダーにてLive2Dモデル全ての解像度が著しく下がる

【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】Cubism Editor 3.2.02
【PC環境】Windows10
【機種名】surcace pro4
【メモリ】例:8GB
【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】CLIP STUDIO

現在、ティラノビルダーにてlive2Dモデルを読み込んで使用しています。
SDK2.1設定での書き出し、ティラノビルダーでの表示はうまくいったのですが、
どのモデルも著しく解像度が低下してしまいました。

ためしにviewerにて同じくらいの倍率で表示したところ、
そちらではくっきりと綺麗に表示されておりました。

こちらの問題は、自作モデル、配布モデル両方で発生しております。
以前のディスカッションを拝見したところ、
モデルを複数出すと途中から解像度が落ちるというものがありましたが、
全モデルでこの状況が発生してしまっております。

どうすれば解決できますでしょうか。

コメント

  • 申し訳ありません
    こちら自己解決いたしました

    ビルダーでは、live2Dを定義している「live2d_define」に縦横のサイズを書き込んで定義してやらないと意図した大きさにはならなさそうでした
    HDB
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。