【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism EditorおよびSDKはいずれのバージョンもmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
正常に動作できない可能性がありますので、対応バージョンの提供開始まではOSのアップグレードをお待ちいただきますようお願いします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
対応につきましては現在検証を進めております。対応バージョンの公開時期は追ってご案内いたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

モデルのリサイズ機能の拡張

モデルのリサイズを行い、元から拡縮した後に新規パーツを追加した際、
新規パーツのサイズが拡縮前のサイズでインポートされてしまう仕様ですが、
追加で編集していきたい時にこの仕様によく手こずります。

モデルのリサイズを書き出し時のみに限定し都度リサイズを行うほうがいい…のですが、
モデルの位置関係やサイズなど、できれば編集の過程でいじっていけたらと思っています。

・リサイズ前、後に切り替えできる機能
・モデルの統計情報にリサイズ後の倍率を表示(psdデータのほうをこの倍率にあわせて書き出しできる)

こういったものがあると非常にありがたいです。

コメント

  • acha0002 様

    ご連絡誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフのenokoでございます。

    貴重なご意見誠にありがとうございます。
    ご要望は社内で共有し、今後の開発の参考にさせていただきます。

    今後ともお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。