【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

LAppModelクラスの回転

サンプルのLAppModelクラスのDraw()メソッドに渡すCubismMatrix44には、
Translate()で座標、Scale()では拡大率を調整出来ますが回転用の物がありません。

D3DXMatrixRotationYawPitchRoll を使って計算した値をCubismMatrix44に入れ込んでみた物の、
下の画像のように任意の角度(90度を指定)に回転はしてくれたのですが、
横幅が潰れたようになってしまい上手くいきませんでした。

CubismMatrix44での回転行列計算はどのようにするのが良いのでしょうか?

コメント

  • @ねこねこ さん

    Cubism 3 SDKのフレームワークは、モデルの回転が想定されていません。
    ソースコードはすべて公開されているので、ユーザ側で変換行列を加工して表示されるモデルの回転を制御することはできますが、そのままでは当たり判定など、正常な動作にならない機能があります。
    もし画面上でモデルを回転させるのであれば、SDK側ではなく、モデル側に回転デフォーマによって回転するパラメータを用意するほうがいいかと思われます。
  • お返事頂き、ありがとうございます。
    なるほど、そういうものなのですね。
    ご提案頂きました回転デフォーマを使ってみます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。