【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

SDK for Unity をUnityへインポートする際エラーが起きる



Cubism3SdkforUnity-11-beta1 をUnity2017.1.1にインポートした際、上記のような画面が出現し、OK,cancelのどちらを選んでも



このようなエラーが出ます。
エラーを無視し3.0で書き出したモデルデータ一式をフォルダにまとめてD&Dしてもプレハブが生成されません。

どのようにしたらエラーを回避してモデルデータをインポートできますでしょうか。

NullReferenceException: Object reference not set to an instance of an object
Live2D.Cubism.Core.CubismDynamicDrawableData.CreateData (Live2D.Cubism.Core.Unmanaged.CubismUnmanagedModel unmanagedModel) (at Assets/Live2D/Cubism/Core/CubismDynamicDrawableData.cs:31)
Live2D.Cubism.Core.CubismTaskableModel..ctor (Live2D.Cubism.Core.CubismMoc moc) (at Assets/Live2D/Cubism/Core/CubismTaskableModel.cs:147)
Live2D.Cubism.Core.CubismModel.Revive () (at Assets/Live2D/Cubism/Core/CubismModel.cs:218)
Live2D.Cubism.Core.CubismModel.OnEnable () (at Assets/Live2D/Cubism/Core/CubismModel.cs:397)
Live2D.Cubism.Core.CubismModel.OnValidate () (at Assets/Live2D/Cubism/Core/CubismModel.cs:422)
タグ付けされた:

コメント

  • 編集済: 3月 2019
    @doahon さん

    UnityにCubism 3 SDK for Unityをインポートした後、Unityを再起動してください。

    このダイアログはUnityにCubismのSDKをインポートしたときに表示されるもので、Unityの再起動を促しております。
    Unityがプロジェクト内のNativeプラグインを読み込むタイミングはUnityを起動させた時なので、インポートしたCubism 3 SDKのNativeプラグインを読み込ませるためには手動による再起動が必要となります。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。