【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

MacとWindowsの共同作業でLive2Dのアニメーションクリップ生成時に差分が出る

編集済: 9月 2019 Cubism 3 SDK
Windowsマシンを使うデザイナーがLive2Dのアセットを作ってUnityにインポートした後に、Macを使うエンジニアがその変更をGitからプルすると、再インポート処理が走り、大量の.animと.fade.assetファイルの差分が出てきます。その差分はm_NameやMotionNameによるもので、調べてみたらCubismFadeMotionImporter.csにdirectoyrPathの取得に"/"を使っています。例えばWindowsだとAssets直下のもののdirectoryPathが"C:\Sample\Assets/"とかになるので、あとのimporter.AssetPath.Replace(directoryPath, "")が効かないじゃないかと思われます。ご確認のほどよろしくお願いいたします。
タグ付けされた:
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。