Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Cubism 4 SDK for Native R1 のサンプルと Live2D Cubism Viewer 4.0 の描画結果が異なる

編集済:03/09 Cubism 4 SDK
お世話になっております。

Live2D のモデルを自作の DirectX 11 のプログラムで表示するために
Cubism 4 SDK for Native R1 のサンプル

CubismSdkForNative-4-r.1\Samples\D3D11\Demo\proj.d3d11.cmake

を参考に Live2D モデルを表示する処理を実装したのですが、こちらで公開されているモデル

<Live2D東北きりたん立ち絵>
https://seiga.nicovideo.jp/seiga/im10026885?track=seiga_illust_keyword

を表示すると、口の左右の端に黒い薄い線が表示されてしまいました。

自作のプログラムに組み込んだものに問題があるのかと思い、
Cubism 4 SDK for Native R1 のサンプルで表示してみたのですが、やはり同様に
口の端に黒い薄い線が表示されました。

<Cubism 4 SDK for Native R1 のサンプル で口元が大きく見えるように拡大したプログラムのスクリーンショット>


<Cubism 4 SDK for Native R1 のサンプルのスクリーンショットから口元だけ切り取った画像>


同じモデルを Live2D Cubism Viewer 4.0 で表示した場合は口元の端の黒い薄い線は
表示されず、正常な見た目になっています。

<Live2D Cubism Viewer 4.0 で口元が大きく見えるように拡大した状態のスクリーンショット>


<Live2D Cubism Viewer 4.0 のスクリーンショットから口元だけ切り取った画像>


DirectX 11 のサンプルでも Live2D Cubism Viewer 4.0 で表示した場合と同じように
口の端の黒い薄い線が表示されないようにするにはどのようにすれば良いでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご返答の程、よろしくお願いいたします。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。