【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

mp4出力すると塗りがはみ出したような画像になります

編集済: 6月 2020 Cubism 3 Editor
【問題が発生したソフトウェア名とバージョン】Cubism Editor 4.0.03
【ご利用のPC環境】Windows10
【機種名】:自作
【グラフィックボード】GeForce GTX 1070 Ti
【CPU】Intel Core i7-8700
【メモリ】8GB
【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】CLIP STUDIO

タイトルの通りです。

原画の作成時点でクリッピングを使用して塗ったあと、レイヤ結合してはみ出し部分はなくしたつもりなのですが、それをLive2Dに取り込んでモデルを作成し、それを動画出力すると、はみ出し部分が見えてしまう状態になります。Editer上の見た目もはみ出し部分はないように見えますが、キャンバスを表示させない状態でmp4で出力すると、塗りのはみ出しが表示されます(PSD出力の時点でないはずのものなので、塗りのはみ出しなのかどうかもよくわかりませんが)。ちなみに、GIF出力では再現しません(はみ出し部分は出力されない)。また、mp4出力でも「キャンバスを表示する」をONにすると、やはりはみ出し部分は消えます。

こうなる原因と対処方法などわかりますでしょうか。

画像を添付します。一番上がModel作成時の見た目、真ん中がAnimation作成時、一番下がmp4出力された結果(Windows標準のプレイヤーでの表示)です。



追記:
すみません。Editor 4の質問です。移動のさせかたがわからないので、いったんこのままにしておきます。。

コメント

  • どうやら同様の現象に遇われている方はいないようなので、きっと私の環境固有の問題なんですね。

    いまだ解決はしてませんが、この現象はLive2D Cubism Editorで動画出力した際の問題なので、動画出力は使用せず、モデル(moc3、json)として出力して、それをCubism Editor以外の動画編集ツールで取り込んでmp4出力するという方法で回避しました。
  • katsu様

    ご質問誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフでございます。

    いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
    この度はご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

    詳しくお調べいたしますので、以下をDMでお送りいただけますでしょうか…
    お手数をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

    ・モデルファイル、アニメーションファイル
    ・塗りがはみ出してしまっている、書き出した動画

    ★DMの送信手順
     この返信の投稿者名[enoko(staff)]をクリックします。
     開いたプロフィール画面右上の[メッセージ]をクリックします。
     [新しい会話を開始]が開きますので、アイコン[Attach file]をクリックしファイルを選択します。
     [会話を開始する]をクリックし、ご送信ください。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。