【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

頂点位置・テクスチャのインポート・エクスポート機能を実装してほしい

Live2D Cubism Editorには変形パスツールやデフォーマなどイラストの変形機能がいくつか実装されていますが、複雑な変形をさせたい場合など、稀にこちらが意図するパーツの変形が実現しづらい場合があります。

パーツの頂点を一つずつ移動させれば所望の変形を実現できますが、頂点数が多いパーツではかなりの苦労が伴います。

このような苦労を軽減するため、パーツごとに頂点位置をインポート・エクスポートする機能を実装していただきたいです。
パーツごとに頂点位置を入出力できれば、例えばblenderなどの外部ソフトで頂点位置を編集した上でLive2D側に反映することができ、複雑な変形を行いたいときに便利です。
この際パーツの頂点ごとにUV座標を持つテクスチャも併せて出力されれば、視覚的に結果を確認しながら外部ソフトで頂点位置編集ができ、さらに利便性が向上します。

イラストに特化していて直感的なパーツ操作が可能なLive2Dと、複雑な変形を(スクリプトなども利用しながら)実現できるblenderなどの外部ソフトが組み合わせられれば表現の幅も広がると思いますので、是非ご検討のほどよろしくお願いいたします。

コメント

  • 編集済: 7月 2020
    kosuke1701様

    ご要望誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフでございます。
    いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。

    ユーザ様からの貴重なご要望として開発チームに共有いたしました。
    今後の製品開発の参考にさせていただきます。

    今後とも弊社製品をお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。