【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

.motion3.jsonのループ設定をモーションごとに変えたい

お世話になっております。
こちらもAnimatorでのモーション書き出し時の要望になります。

Animatorにて書き出した「.motion3.json」ファイル内のメタデータに関して、
現状、ループ設定は自動で「"Loop": true」となっていますが、これをモーションごとに変更したいです。


Unityへモーションを取り込んだ後にループ設定を変更する場合、「アニメーションクリップのLoop Timeのチェックを外す」のですが、この操作は複数ファイル一括で行うことができないらしく、『1つ1つ手作業でチェックを外す』という作業が地味に手間だと感じております。
(間抜けな話ですが、以前は100以上のモーションデータを1つずつポチポチと、気の遠くなるような作業をしていました……)

最近になってようやく「事前にjsonへ一括置換をかける」方法に気づきましたが、それでも「ループするもの」と「しないもの」が混在するため、チェック漏れも発生しがちという懸念がございます。

なので、Animatorから書き出す時点でループのあり/なしを設定できると非常に助かります。


可能であれば、ご検討いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

  • cucu様

    ご連絡誠にありがとうございます。
    Live2Dスタッフでございます。
    いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。

    ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません…
    お客様からの貴重なご要望は開発チームに共有いたしました。
    今後の開発の参考にさせていただきます。

    今後とも弊社製品をお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。