【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism EditorおよびSDKはいずれのバージョンもmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
正常に動作できない可能性がありますので、対応バージョンの提供開始まではOSのアップグレードをお待ちいただきますようお願いします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
対応につきましては現在検証を進めております。対応バージョンの公開時期は追ってご案内いたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

表情切り替えについて

お世話になっております。
検索してもこれといったものがヒットしなかったため質問させていただきす。

怒りや悲しいなどを作成するときの表情切り替えについてなのですが、
表情を作成したものの表情にパラメーターで切り替えた後、角度XYで顔の向きを動かすと決まって顔が崩れるのですが、これは仕様なのでしょうか?
表情差分を作成するたびに、角度XY時の顔の歪みを修正しなければいけないのでしょうか?

コメント

  • 作成方法次第です
    表情変化には表情の顔角度補正が必要ですが、あまり崩れないですね

    表情差分と書いている事から、別の表情絵に切替える方法で、その組み込み位置が良くないのかも
    練習モデルのデフォーマ構成のままだと切り替え方式にはデフォーマが足りない状態
  • xsinryux_xさんご反応ありがとうございます。
    すいません、顔角度補正とはどういったものでしょうか…?

    表情差分ですが、表情変化(怒る、悲しい、笑顔等)専用のイラストを新規に描いたものを適用し、キーを押すことで指定の表情に切り替えたいのではなく、
    デフォーマーを使って作りたい表情へと目や口の形を変形し、キーを押すことで指定の表情に切り替えようとしています。
    頬染めや、顔に深い影をさしたものの表情差分は問題なくうごかせているのですが目や口元を変える表情差分がうまくいきません。

    そして目は角度XYで動かしてもなぜか大丈夫なのですが、口がXYで動かすと崩れます。
    いくつか表情をつける中のひとつしかまだ形を作っていないので、ほかの表情も同じ結果になるかはまだ分かりませんが……

    口元の画像を載せておきます。
    一枚目が真正面で、二枚目が横向き、三枚目が下向きです。

    ちなみに画像のデフォーマーは拡大したもので、もともとはもっとちいさかったです。
    なので左右上下に動かしたときにデフォーマーから口元がはみ出していたので(目は元々のデフォーマーサイズではみ出していなかった)、
    崩れる理由がそれのせいかと思い拡大したのですが結果は変わりませんでした。





  • すいません!!!!!ちょっと勘違いしてました!!!!!!
    もしかしたら問題なくできるかもしれないので、また後で書き込みます……!!!!!!
  • 口の作成はこの辺に
    https://forum.live2d.com/discussion/381

    顔角度補正とは顔の向きに合わせた形状の補正です
    たとえば縦に開いた「お」の口でそのまま横を向くと位置は良くても形が変に見えるのを補正するデフォーマです
    横の場合はひし形に変形させます、縦は台形にします


  • xsinryux_xさんコメントありがとうございます。
    角度XYについてはやはり少し勘違いしていたようでなんとかできました!ありがとうございます。
    サイトもありがとうございました!

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。