【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism EditorおよびSDKはいずれのバージョンもmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
正常に動作できない可能性がありますので、対応バージョンの提供開始まではOSのアップグレードをお待ちいただきますようお願いします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
対応につきましては現在検証を進めております。対応バージョンの公開時期は追ってご案内いたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

アニメーション読み込み時のキャンパスサイズ

お世話になっています。
Cubism Editor 4.0.06

モデルを用意したあとアニメーションに読み込む際、サイズが強制的に1280x720になりますが、
モデル用画像のサイズ(キャンパス設定)を無視して作成される点に不便を感じます。

アニメーション→シーンの[インスペクタ]タブからサイズは変更できますが、
その際にモデルのキャンパスに対する配置がズレるため、
ゲーム制作における画面位置合わせなど難儀なケースがあります。


わたしが見つけた対処方法として、モデルのドラッグ&ドロップではなく
ファイル→新規作成→アニメーション からアニメーションを作成、
予めインスペクタ上でモデル画像のサイズに合わせてからドラッグ&ドロップでモデルをインポートする、
という手順でズレなく読み込み可能ですが、分かりづら過ぎて毎回混乱しますし何より不便です。

モデル読み込み時に
・1280x720のサイズで作成
・モデル画像のサイズで作成
などと選択を促すウィンドウが表示されると非常に直観的で不便もありませんので、要望いたします。
ご検討頂ければ幸いです。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。