【macOS 11.0 Big Surへの対応状況について】
現在公開中のCubism Editorは、以下のバージョンではmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
・Cubism Editor 4.0.07 beta 以前のバージョン
上記バージョンでは正常に動作できない可能性がありますので、OSのアップグレードをお控えいただくか、【Cubism Editor 4.0.07 正式版】をご利用いただきますようお願いいたします。
関連するお問い合わせにつきましては、この文章をもって代えさせていただきます。
Cubism SDKにつきましては、現在公開中の製品全てにおいてmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
現在対応検討中となりますが、対応バージョンや時期につきましては改めてお知らせいたします。

またApple Sillicon版のmacにつきましても、全てのCubism 製品において対応しておりませんのでこちらも合わせてご了承ください。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Live2Dcubizm4.xで作成したcmo3、can3をcubizm3.x用に完全互換できるツール、もしくは機能が欲しい

編集済:02/12 要望
開発お疲れ様です
現在、Live2Dcubizm4.xで作成したcmo3、can3ですがcubizm3.xでは読み込める仕様になっております
3.xでは特にバグがでないように配慮されておりますが、ファイルの中には4.xでの追加された機能のデータが残っており、cubizim3.xで作業をすすめた時それが色々弊害を起きているようです
こちら3.3のanimatorで確認したところ、配置&不透明度の項目に

のような、3.xでは存在しない「コマ打ち」「アートパスの幅の倍率」の項目が表示されておりました
恐らくこのせいだとは思いますが、シーンの複製をしても機能せず(単純にシーンの複製ができない)、newシーン作成、モデルを読み込み画面範囲を既定の物に変更するかたちでシーンを作りました(こちらのシーンは正常に複製が機能しました)

素直に、4.xで作業を進めれば良いとは思いますが、現状動画出力ならまだしも、unityをはじめとするゲーム関係の素材としては不具合多く、また4.xのUIにもいろいろバグが残っておりまして一番バランスがよい3.3を使うのが好ましい問題があります
また外注さんが4.xで作成した後、それを引き継ぐまたはブラッシュアップなどの作業が発生した場合、いろいろ細かい見えないバク、不具合に発展する事があるので、4.xで追加された情報を一切なくした、3.xでのまっさらなファイルがあると非常に助かります

3.3をバージョンアップは工数的には難しいと思うので4.xで作成したcmo3、can3を3.xで作成した様な状態のデータに変換できる機能、ツールがあると嬉しく思います

以上です宜しくお願いいたします
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。