【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

表情設定はViewerかspecial_poseかどちらが良いですか?

編集済:02/17 Facerig+Live2D Module
表情設定はViewerかspecial_poseかどちらが良いですか? こちらのサイト https://vtuberkaibougaku.site/2019/08/20/live2d-facerig-keychange/ のspecial_poseZXCVキーの設定方法で赤面や><の切り替えと、 Viewerでexp3.json を作る方法があるようですが
Vtubestudioはexp3.jsonで表情を変える方法しか認識しないのでしょうか? FaceRig・Animazeはspecial_poseで動いたのですが互換性があるのかどうか知りたいです。 ない場合special_poseはどのような場合につかいますか?

よろしくお願いいたします。
 
タグ付けされた:

コメント

  • パラメータ値を0と1、ON/OFFさせる動作を行う場合
    Live2D作業では普通に0と1で変化するパラメータで作れば良いです、互換性もあります
     FaceRigでは 設定のcfgファイルに記述、又は変化させるモーションを作成し指定
     Vtubestudioでは exp3.jsonでパラメータを動かす
     Animazeでは exp3.jsonでパラメータを動かす
  • という事は
    ・Facerigで><を0と1で作り切り替え、set_special_pose_param キャラ名 'パラメータ名' 0 1 2で作った場合Facerigのみで動く。そのままではAnimaze Vtubestudioでは表情切り替えはできない。
    ・Annimaze・Vtubestudioで使う場合はViewerでexp3.jsonをつくる
     で 合っていますか? 

  • 編集済:02/17
    その通りです
    Vtubestudioでは、Animationsフォルダに作ったexp3.jsonを入れて、ソフト内でどのキーにするか指定
    Animazeでは、expressionsフォルダに入れ、専用エディタで使用を設定し、ソフト内のキーバインド設定でどのキーにするか指定
    また、AnimazeではFaceRig用cfgがある場合、専用エディタにて自動でexp3.jsonが作られる

  • 色々違うんですね。Facerigと後続Animazeが色々異なるのが少し不便に感じてしまいます・・・   
    ありがとうございました。
  • さらに動作の優先度や仕様があるのでいろいろ大変です

    例:キー押しで赤面表示させて、モーション再生で赤面OFF動作させた場合
    FaceRigでは、赤面が一旦解除されモーション終了で赤面が復帰
    Animazeでは、ずっと赤面表示
    Vtubestudioでは、赤面が一旦解除されモーション終了で赤面が復帰
  • 今こちらのサイト https://mefuchan.fanbox.cc/posts/1682051 を見ながらAnimaze用の表情exp3を作ろうとしたんですが表情が戻らなかったりしてうまくいきませんでした。 しかし Facerig用に作ったフォルダを(special_poseZXCキーあり、cfgあり)とりあえず何も変更せずAnimazeエディターで .avatar にバンドルして読み込んだらspecial_poseも問題なく動いています。Live2D最新版でのモデルならそのまま読み込んで大丈夫、という公式?の動画もあり どれが適切か迷っています。
  • Animazeの場合、モデル導入が何通りかあります
     キー押しが無いモデルをそのままAnimazeメニューから入れるだけ  キー押しなし
     FaceRig用cfgありをそのままAnimazeメニューから入れるだけ   未確認
     FaceRig用cfgありをAnimazeエディターで .avatar にバンドルして入れる  キー押しがFaceRigと同じに機能する
                          バンドルしないで入れる   未確認
     exp3を用意したモデルをAnimazeエディターで手動で設定して.avatar にバンドルして入れる キー押しが機能する
                          バンドルしないで入れる   未確認
     Animaze用のFaceRigのcfgを書いてAnimazeエディターで .avatar にバンドル

    .avatar にバンドルは、1つのパス付き7ZIPにまとめている状態
    利点は他者に中身が見られないようになる
    欠点は受け取った者が自分で設定を変えられない

    どれがいいのか不明ですね
  • バンドルするが良さそうですね。 何度も質問すみません。
    Facerig用フォルダ(cfg,zxcキーあり)に exp3.jsonを入れたAnimationsフォルダを入れた場合、FacerigとVtubestudio で併用できるという事でしょうか? 試したらとりあえずキーは動きました。
  • 各ソフトで不要なフォルダとかファイルがあっても平気なようなので
    両方用意して兼用構成も可能ですね
  • Animazeも色々安定してくれれば…と思います。 ありがとうございました。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。