【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

モデリング済みのAキャラのすべてを新規Bキャラに移植する手順について質問です

編集済:02/20 Cubism 4 Editor
移植するさいにについてご質問させてください。

質問1.テンプレート適用のさい選択要素の対応付けを手動にて修正しないで済む方法はないか?
質問2.テンプレート適応後、パーツパレット、デフォーマーパレットにてズレているパーツがあるため、それを手動で修正(移動)しないで済む方法はないか?

ーーーー移植の前提条件ーーーー
・A、Bは別キャラだが、パーツの種類、パーツの分け方、させたい動きなど9割型おなじ
ーーーーーーーーーーーーーーー
※以下Aキャラ、BキャラをA、Bと表記

このような条件下でいま私のほうで移植を行う流れとして以下の方法をとっています。

1.BのPSDファイルCubism Editorにドラッグアンドドロップ
2.Ctrl+aでパーツすべてを選択しメッシュの自動生成標準を適応
3.ファイル>テンプレートを適用>ファイルから選択にてAの.com3を選択
4.レイアウトパラメーター調整にて微調整
5.テンプレートを適用プレビューにて選択要素の対応付けを行いA、Bのずれているパーツを修正
6.パーツパレットでずれているパーツを該当の場所に移動
7.デフォーマーパレットでずれているパーツを該当の場所に移動
8.目や口周りを手動で微調整して完了

手順5が質問1に該当します。
<質問1.テンプレート適用のさい選択要素の対応付けを手動にて修正しないで済む方法はないのか?>

やること自体は簡単なのですがパーツが多くABパーツの選択要素の対応付けをするだけでも時間をとられてしまっています。

そこでABとも使用するパーツはほぼ共通パーツしているのだから
手動で修正しなくても済む方法があるのではないかと思い調べては見たのですが、
解決につながる情報が見つからなかったため、ご質問させていただきました。

もしこちらの問題を解決できる情報があれば教えていただきたいです。


手順6.7が質問2に該当します。
<質問2.テンプレート適応後、パーツパレット、デフォーマーパレットにてズレているパーツがあるため、それを手動で修正(移動)しないで済む方法はないか?>

こちらもやることは簡単なのですが、パーツ数が多いため時間がかかってしまいます。

パーツパレットにてズレているパーツというのは例えば、
ーーーーーーーーーーーーーーー
Aで「後ろ髪」というパーツは後ろ髪フォルダに入ってるのに、
Bにテンプレート適応すると「後ろ髪」というパーツが右足フォルダに入ってしまっている
ーーーーーーーーーーーーーーー
といった状況です。デフォーマーパレットにてパーツがズレているというのも同じような状況です。

この後ろ髪パーツを右足フォルダから後ろ髪フォルダに手動で移動させるといった修正作業も、ズレているパーツ数が多いと時間が取られてしまうため、テンプレート適応をしたさいズレないようにする方法があれば教えていただきたいです。

コメント

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。