【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

既存モデルにサイズ違いのPSDデータを差し替える方法について

既存モデルにサイズ違いのPSDデータを差し替える方法について質問があり、投稿をさせて頂きました。

現在モデリング済みのデータがあるのですが、大元のPSDの解像度を既存の物よりも大きいサイズに変更したく、
小さいPSDデータの物に割り付けた、アートメッシュやワープデフォーマー、パラメーターの動きを
そのまま大きいサイズのPSDデータに移植(または差し替え)する事は可能なのでしょうか?
ご教示をお願い出来れば幸いです。
宜しくお願い致します。

コメント

  • くれあさん こんにちは
    psdを大きい物に変える前に、質問があります
    こちらのモデルの使用用途はなんでしょう?
    もしテクスチャーアトラスを設定しないcubismのみを使った動画を作成するならpsdの解像度を上げるのは効果あるのですが、もしテクスチャアトラスを設定している場合、拡大比率(目立つところを100%にするなど)を上げる事によってある程度ぼやけるのを未然に防ぐ事は可能です(テクスチャサイズを4096×4096にしたり、テクスチャを2枚増やして調整し対応)

    元のpsdが明らかに解像度が低い、テクスチャーの枚数、大きくするのが好ましくないということでしたら、自作のテンプレートを作り、解像度の高いpsdをインポートした何も情報がのっていないモデルに自作テンプレートを指定することによって調整は可能かと思いますが、かなりの微調整は必要になるかと思います
    デフォルトに使われているテンプレートのモデルはダウロードができますので、そちらで一回開いて構造を見るとわかりやすいです
    http://sites.cybernoids.jp/cubism2/templates
    「@」ついているパラメーターに対応しているのがテンプレートに使う可変デフォーマです
    モデルはcubisim2.xの古いモデルですが開くことは可能なので確認するだけなら問題ありません
    今回はモデル全部の親となる拡大用の回転デフォマーを追加すればある程度うまくいくかと

    あと、荒業といたしましては、小さいモデルで出力したテクスチャを無理やり等倍拡大(200%…300%…)し、そのテクスチャを元に上から、解像度の高いパーツを一個一個並べて、差し替えるといった技もあります
    こちらは、live2d上では表示されませんので、出力先のツールで確認する必要がありますね(テクスチャーを読み込む形式だったらビュワーでも確認できるかと)
    (このやり方は逆も可能で、1024pxでは小さい2048pxでは巨大すぎるってときに2048pxを75%の大きさのサイズに変更し読み込み容量を削減ってやり方もできます、少しだけツール側の知識が必要になります)

    現状では、これくらいしかなさそうですが、
    もし、良さげな方法を知っている方が居られましたら、ご教授下さいませ
  • 鍋丸様
    質問に対するご回答を有難うございます。
    ご提案を頂いた内容で試行錯誤を重ねたいと思います。
    鍋丸
  • 大きいPSDをLive2Dに入れる
    テンプレート適用で旧モデルを選択
    全パーツを一致させる
  • xsinryux_x様
    質問に対するご回答を有難うございます。
    ご連絡を頂きました、テンプレート適用の方法で、
    モデリングのリサイズ対応が出来ました。
    今後も活用させて頂ければと思います。
    鍋丸
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。