【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

4.1.00 beta1 パラメータの入力精度を高める機能をタイムライン再生しながら使用した場合について

こんにちは、osawarimanと申します。
自分はAnimatorにおいてタイムラインを再生させながらパラメータパレットを操作してキーを打つ事がよくあるのですが、
この方法を4.1.00 Beta1の入力精度を高める機能を使用してやってみた所、結合させたY軸に対して上手く機能が働きませんでした。
X軸については満足のいく結果が得られたのですが、Y軸の値は一定の間隔でしか記録されないので数値が小数になっただけで通常操作とあまり変わらない結果となってしまいます。
ペンタブ、マウス共に結果は同じでした。
詳しくは画像をご覧ください。


【PC環境】Windows10
【グラフィックボード】MSI Radeon RX 580 ARMOR MK2 8G OC
【CPU】Corei5-9600K
【メモリ】32GB
【ペンタブ】 PTH-651
【マウス】 ELECOM M-DUX70BK

コメント

  • すみません。後になって画像をよくよく見返してみた所、X軸の方もY軸の間隔とは違うものの高さの間隔は一定でした。
    勘違いした原因はパラメータのパレットの縦横比が違うせいみたいですね。
    お騒がせして申し訳ありません。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。