【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

組込み用ファイル書き出し(moc.3)が出来ない

既出の問題ではありますが、過去ディスカッションを参考にさせていただいても解決しなかった為、お問い合わせさせていただきました。

初心者で知識がなく、お伝えが曖昧になりますこと恐れ入ります。

現象はタイトルの通りです。Live2DをVtuber studioに取り込もうと書き出しを行なったのですが、テクスチャアトラス編集→組み込み用ファイル書き出し→moc.3ファイル書き出し→「書き出しバージョン:3.3」「書き出し種別:nizima/SDK(両方試し済)」→OKで書き出し。

書き出し中のウィンドウは出ますが、途中でウィンドウが消えて、何も起こらない状態(保存指定のフォルダが空、保存先をデスクトップにしても動作なし)になってしまいます。

恐らくcmoファイルデータサイズがとてつもなく大きく、書き出しが正常に動作しないのではと思っています…。今回の件でようやく確認し、気付いたら100万KBとなってしまっていて、サイズを誤りました…。

もし可能でしたら、今のモデルを小さく、もしくはデータを軽くする方法などはありますでしょうか?せっかくのデータがまたやり直しになってしまうのは悲しくて…。

お忙しい中大変恐れ入りますが、ご解決案がございましたら、お教え頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

Cubism Editor 4.0.08

・【ご利用のPC環境】Windows10

・【機種名】:Dell、DESKTOP-328GVDU(一体型PC)

・【グラフィックボード】不明

・【CPU】Intel Core i5-10210U CPU

・【メモリ】8GB

・【原画(イラスト)を制作したソフトウェア】CLIP STUDIO

コメント

  • chi11さん こんにちは

    環境PCの問題しれませんね、もし問題なければ問題のmocファイルをどこかにアップは可能でしょうか?
    コチラで精査できるかもしれないです
    もしくは公式さんの返信待ちですかね?よろしくお願いいたします。
    chi11
  • 鍋丸さん、こんばんは

    このような質問に反応いただき、ありがとうございます…!

    宜しければ、ぜひ精査頂けますと幸いです!

    問題のファイルは可能なのはギガファイルで宜しければ…こちらにそのままURLを載せて良いものなのでしょうか?

  • chi11さん

    はい、何度がファイル便のような一時保管サーバーでやり取りしているので問題ありません
    セキュリティに不安がありましたら是非パスをかけて下さいませ
    小さめ目のファイルでしたらここに直接載せることも可能です(記事は消せないのでずっと残ることになりますが)
    宜しくお願いいたします
    chi11
  • ご丁寧にありがとうございます!

    それでは僭越ながら、鍋丸さんのアイコンから個別?メッセージへと添付をさせていただきます!

    お忙しい中、ありがとうございます…!

  • 編集済:06/11
    chi11さん

    ファイル受け取りました、一応こちらは同じ問題を抱える初心者の為のコミュニティとなりますので
    問題点は記載しても大丈夫でしょうか?
    それともメッセージ対応が望ましいでしょうか?
    一応、ファイルを開いてみて色々問題が発見できました
    moc3に出力できるmocに修正はできると思います

    修正もろもろちょっと気になった点も修正しますので、少しばかりお時間いただきます
  • 鍋丸さん…!ありがとうございます…!!

    勿論!他の皆様の為の場ですので、お手数おかけしますが、問題点をこちらコミュニティにご記載いただいてもよろしいでしょうか?

    どうかよろしくお願いいたします。

    鍋丸
  • 編集済:06/12
    chi11さん
     
    修正を進めておりますが、ふたつほど質問があります

    ・こちらのモデルは完成品ではなく、ポリゴン割とテクスチャーアトラスの調整は後回しにして
    一旦テストでmoc3を出力したかったということで問題ないでしょうか?

    ・モデルを制作するにあたって参考にされたサイトもしくは動画ってありますでしょうか?

    完成品でしたら、いろいろ指摘する箇所はあるのですが、
    途中でしたら致命的な箇所だけを指摘いたします
    chi11
  • 編集済:06/12

    鍋丸さん

    はい、おっしゃる通りです。

    ・基本の動きはほぼ出来たので、試しに誤作動がないかチェックをするため、moc3出力して動きを見ようとしていました。(まだ表情変化付けのアニメーションが終わっておらず…)

    ・動画を参考にしました!YouTubeにてLive2Dで検索をかけて一番上に出てくる「超入門講座」と「バ美肉講座」の2つを見ながら行っていました。ベースとしては「超入門講座」の方を基本として制作したつもりです。

    ただ、初めて制作したので手順が正しかったかどうか不安なところです…。

    鍋丸
  • 編集済:06/13
    chi11さん

    お待たせしました、
    結論から言うと、頂いたcmo3ファイルそのままでもmoc3に出力できました
    ただ、1.3Gバイトという巨大なファイルであったがゆえにpcのメモリを超えてしまい途中で落ちてしまったのだと推察します
    (私のpcはchi11さんのPCの2倍以上のcpu性能かつ、メモリも32G、グラフィックボードもGF2060GXにもかかわらず処理に数分要しました)

    作り方は概ね間違っていないので、ひとまず現段階で容量を削減する方法を記載します

    ・プロジェクトウィンドウで未使用な物を一旦削除する


    モデルを拝見するとPSD原画が多量にあり、使っていないものが大量にありました
    おそらくPSDを再インポートするにあたって
    差し替えを選ばず <すべてのレイヤーを全てアートメッシュに追加> を繰り返したからかと思います
    また、クリスタ側で意図してない場所にほぼ見えないゴミが残っているため妙にパーツの領域が広くなっている点も見受けられました
    こちらのせいで、うまく再インポートができなかったのかもしれないです
    参考図の様に処理できると半分以下になるのですが、なぜかプロジェクトには形跡はあるけど何処にも表示されていな謎のパーツも散見されたので、そちらも精査するとさらに容量は下げる事が出来ると思います
    (後述の添削ファイルでは太陽系周りが謎のデータがあったのでそちらだけ削除しました)
    プロジェクトウィンドウで「関連アートメッシュを選択」等でパーツを選択できるので、確認してみて下さい

    きちんと精査すると0.6~0.5GBまで落とせると思います
    もう少し落とせるかと思いましたがインポートしているpsdが結構でかいのかもしれませんね…

    とりあえず修正したモデルファイルを添付いたしますので、元のcom3ファイルと見比べてみてください
    https://xfs.jp/UjQRKf (DLパス 本体パスは前回頂いたものと同じです)

    ・修正していて、ここはちょっと即時に直した方が良いポイント


    ポリゴン割りですかね、頂点を繋げず動きをつけていました、
    これに慣れてしまうと後々修正処理ができなくなり最初からやり直しの可能性があるので
    絶対的な癖をつけてください(というか頂点を結ばずに動きをつけるのはやっちゃダメです)

    ・テクスチャアトラスについて
    参考動画をひとおり拝見しましたが、
    テクスチャアトラスの説明があまり詳細に語られていませんでしたので、マニュアルを記載します
    https://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/texture-atlas-edit/?locale=ja
    facerigなど、外部に出力する必要があるものはテクスチャアトラスの精度が、クオリティに直結します
    現段階ではさらにクオリティの高いモデルを目指すなら、テクスチャアトラスの編集の知識が必要と頭の片隅に入れて頂ければ大丈夫です

    今回は初めての制作という事でしたか、制作段階ついてはほぼ問題なく、
    このまま
    親子デフォーマの領域の関係(親のワープデフォーマは子の動く範囲全てをカバーした方がいいし挙動が軽くなる)
    ポリゴン割の効率化(異常に細かくポリゴン割をしない、動かない所を細かく割る必要はない)
    等を調整していただければ問題ありません

    それから、おせっかいになりますが、モデルキャンバスサイズから察するにPCのスペックが少々厳しいと思います
    dellの2段階上か、最低でもメモリは16Gは欲しいですかね、きっとクリスタで絵を描く時でも、Live2Dモデル制作中でも
    ロード時間がかなり要しているのが見受けられちょっと努力の片鱗が見えてしまったもので…

    以上です。よろしくお願いたします
    chi11
  • 鍋丸さん

    貴重なお時間を割いて欠点を見つけていただき、ありがとうございます…!

    アートメッシュ差し替えに関しては確かに知識不足で、別PSDからのコピペで追加をしておりました…!こうしてみると穴だらけですね…😥

    PCはもう一台導入予定ですので、参考にさせていただきます!

    本当にありがとうございました!!

    鍋丸
  • chi11さん
    ああ、なるほど、psd再インポート機能を使わずに、psdをさらに読み込んでコピーしていた感じですか…
    あまり見かけない状態でしたので、本来想定している差し替えではなかったのですね
    次回からpsd再インポート機能を使用すれば、ここまで容量が増えることは無いと思いますので大丈夫だと思います!

    PCについてはCPU性能はそこそこでも、メモリとグラボが強ければLive2dの処理は楽になりますそちらを優先して購入をご検討下さい
    chi11
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。