【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
また、Cubism SDKは現在公開中の製品全てにおいてApple M1チップ搭載機種及びmacOS 11.0 Big Surには対応しておりません。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

4.1リリースにあたって入門チュートリアルの更新の要望

開発お疲れ様です
おそらくこのアカウントでは最後の要望になると思いますがよろしくお願いいたします

現在の入門チュートリアル(https://docs.live2d.com/cubism-editor-tutorials/expression/)ですが
個人的に完全入門としては敷居が高いと思いました(そもそも百瀬ひよりモデルが入門には難しいかと)
私は2.0からのユーザーなのでこちらから入ったのですが(http://sites.cybernoids.jp/cubism2/beginner-tutorial

・参考イラストが非常に単純でLive2D機能を理解しやすい
・下絵機能の説明と下絵の重要がわかる説明になっている
・チュートリアルが動画ではなくテキストで記載されているため、検索がしやすい
・左のリンクページには別途チュートリアルの動画も用意されている
・ユーザーのさらに突っ込んだチュートリアルページのリンクもありわかりやすい(現在のようにnote記事に丸投げしていない)
・昔の仕様でテクスチャアトラスが必ず作られるため、テクスチャーアトラスの重要さが視認しやすい
(今は必ず作られないのでFacerigなどの外部ツールに使用するときの重要性を示唆したページも別途欲しいです、
 テクスチャはできるだけ1枚に、長方形はさけるとかプログラム側の制約も含め)

なので、2.1マニュアルのようにもう少し簡略化したイラストでチュートリアルを作って欲しいと思います
特に下絵機能の説明が一切ないのは致命的で、指示イラストと同じで違和感の無い目閉じ、表情変化、口パクをする場合
目閉じを描いたイラストパーツをそのまま取り込むのではなく、下絵を表示してトレスするようにアートメッシュを調整するしかない
というLive2Dの原則的仕様を知ってもらうには必要不可欠化と思います

また、動画だとどの部分を説明しているのかサーチするのが大変で、できればテキストと動画の両方を用意してほしいです

以上です、チュートリアルページの更新は労力かかるとは思いますが、2.1の時のページはすこぶるわかりやすかったので
そちらの構成もくみ取っていただければと思います

以上です、門をたたく未来のLive2Dクリエイターの為にもよろしくお願いいたします
タグ付けされた:
kudo(Staff)

コメント

  • 鍋丸 様

    Live2Dスタッフでございます。
    いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。

    マニュアル・チュートリアル改善のご要望ありがとうございます。
    いただいた内容につきましては、マニュアル製作者に共有させていただきました。

    これからも何卒宜しくお願いいたします。
    [削除されたユーザー]
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。