【各最新OSの対応状況について】
現在、Cubism Editor及びCubism SDKはWindows 11 及び macOS Monterey には対応しておりません。
今後のアップデートにて順次対応予定ですので対応までお待ち下さい。

【Mac各機種への対応状況について】
現在、Cubism EditorはApple M1チップ搭載機種には対応しておりません。
詳細は 動作環境 をご参照ください。
関連するお問い合わせへの対応はこの文章をもって代えさせていただきます。
Cubism 製品のマニュアル・チュートリアルはこちら
 
Cubism Editorマニュアル    Cubism Editorチュートリアル    Cubism SDKマニュアル    Cubism SDKチュートリアル

Facerig Live2Dモデル導入時のエラー

STACK DUMP saved in
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\FaceRig_stack_2021-10-24_14-06-06.dmp

EXCEPTION: Access violation while 'writting to' address 0x8 at address 0x180eb8b
SegGs=0x2b SegFs=0x53 SegEs=0x2b SegDs=0x2b
Edi=0x2 Esi=0x10 Ebx=0x81e7590
Edx=0x3cf580 Ecx=0xffc30aa8 Eax=0x7f800000
Ebp=0x3cf500 Eip=0x180eb8b SegCs=0x23
EFlags=0x10293 Esp=0x3cf4f8 SegSs=0x2b
Dr0=0x0 Dr1=0x0 Dr2=0x0
Dr3=0x0 Dr7=0x0 Dr7=0x0


SymInit: Symbol-SearchPath: 'C:\PROGRAM FILES (X86)\STEAM\STEAMAPPS\COMMON\FACERIG\BIN\;.;C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig;C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\system32;', symOptions: 210, UserName: 'USER'
DbgHelpPath: 'C:\WINDOWS\SYSTEM32\DbgHelp.dll'
DbgHelpVersion: '6.2.0'
OS-Version: 6.2.9200 () 0x300-0x1

---CallStack---
0180EB8B (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
0180F0D7 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
0103F029 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
0113AECD (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
0101FFE3 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
01027B70 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
0108A20C (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
01011DCD (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
0119D562 (FaceRig): (filename not available): (function-name not available)
7579FA29 (KERNEL32): (filename not available): BaseThreadInitThunk
77927A9E (ntdll): (filename not available): RtlGetAppContainerNamedObjectPath
77927A6E (ntdll): (filename not available): RtlGetAppContainerNamedObjectPath

昨日、製作者様から送ってもらったZipファイルを展開して導入方法を見ながらやったのですが上記のエラーが出てしまいます。
nizimaやLive2D Cubism Viewer 4.1でも開けません。
なので、もう一度書き出しをしてもらいfacerigで動作確認した上で本日、ファイルを送ってもらったのですがそれでも動作しませんでした。
cfgファイルはnizimaで作成しようとしているのでまだ入ってません。

他の記事やディスカッション等を見ましたがわからないので質問させていただいた次第です。
宜しくお願い致します。


タグ付けされた:

コメント

  • 編集済:10/24
    いったんこの自分のモデルファイルを消してから、
    何もモデル入れてない状態でFaceRigは起動できますか?
    起動出来たら、元からあるLive2Dアバターは全部動きますか?
    元からあるLive2DアバターのNew付きはどうですか?

    原因がFaceRigかモデルかの切り分け

    FaceRigが正常な場合、
    画像のモデルを入れる場所やファイル名に問題ないようです、書き出し後に名前を変えてないなら問題ないです
    4096の中にファイルは何個あるのでしょうか? 4こ以上あると使えない場合があります

    Light
  • 編集済:10/24
    コメントありがとうございます。
    元からあるLive2Dアバターはすべて動いていてNEWマークがついてるアバターも問題なく動作しました。

    Zipファイルを展開後、中のファイルごと指定のobjectファイルの中に入れたので名前等はいじってません。

    4096のファイルの中には画像のファイルが一つだけ入っている状態です。

    宜しくお願い致します。



  • 編集済:10/24
    FaceRig側は正常にLive2Dが使える
    自分のを入れるとエラーが出て起動出来ない
    ファイル名など一見すると正常、入れ方も正しい
    テクスチャファイルサイズは問題なし

    原因わからずですね

    あとは、 .model3.jsonをメモ帳ソフトにいれて文字表示させてみて、
    名前やパスが正常か見てみるぐらい

    Light
  • 今、メモ帳ソフトをインストールして文字表示してみました。
    どこかおかしい点はありますでしょうか?


  • 編集済:10/24
    後から名前変更も無いようですね ファイル内容は正常
    ファイルも揃ってるし、入れ方や場所に問題ないし原因が不明


    Cubism Viewer 4.1でも開けない事も変ですね

  • コメントありがとうございます。
    Cubisim viewerのバージョンを3.3に変更しても開きませんでした。

    何かPC上での基礎的な設定やZipファイルの落とし方、展開方法が間違っていたりするのでしょうか?

    以下PCスペック
    プロセッサ Intel(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40 GHz
    実装 RAM 16.0 GB
    グラボ NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB


  • PC性能も問題なし、圧縮の展開も普通に出来てるようで問題なしに見えます

    4.1版作成での新機能追加に伴う新たな問題なのかも
    あと出来ることとなると、
    モデルの書き出しをSDK3.0規格で書き出し直してみるぐらいかも
  • コメントありがとうございます。

    Lhaplusを入れてZiPファイルを開こうとしたところディレクトリに無いと表記が出たので調べて解凍前のZipファイルの名前を中のファイルと同じ名前に変えたところ開け、VtubeStudio、Facerig、Cubisim viewer4.1での動作を確認しました。

    ちゃんとした解凍の方法を踏んでいなかった為のミスかもしれません。
    ご迷惑をおかけしました。
    夜遅くにもかかわらず回答してくださりありがとうございました。
  • 原因わかってよかったです
    解凍での問題もありえると言う新たな知見ありがたいです
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。